絶対に失敗しない食事デートのセッティング方法を心理学のプロが伝授!

2019/03/12

そこまで親しくない取引先の担当者に、今度、新しい仕事を相談することに。距離を縮めるためにも一度、ランチにお誘いしてみようかな……。
そこは迷わず、ランチ・ミーティングを提案してみるべき!実はランチ・ミーティングは、仕事の交渉をよい方向へと導く効果が期待できると、心理学のプロも認めている手法なのです。
そこで効果的なランチ・ミーティングのセッティング方法を伝授。実は異性とのお食事デートでも使えるテクなんですよ!

【教えてくれたのは…】
齊藤 勇(さいとう いさむ)
立正大学名誉教授。日本ビジネス心理学会会長。特に人間関係の心理学として対人感情の心理、自己呈示の心理などを研究。心理学番組の監修を務めるなど、心理学ブームの火付け役となった。主な編・著書・監修書に『もう一度学びたい心理学』(枻出版社)、『やってはいけない ダークサイド心理学』『ゼロからはじめる!心理学見るだけノート』(ともに宝島社)など。

ランチョン・テクニックとは?

【基本DATA】
メソッドの提唱者:グレゴリー・ラズラン

おいしい食事をとりながら楽しい時間を過ごすことにより、交渉をプラスの方向に導く手法。
このメカニズムは、おいしい食事という「快楽」が話の内容と結びついて心地よく感じられる「連合の法則」が働くことによります。ただし、まずい食事のときも「連合の法則」は同様に働くので注意しましょう。

ランチ・ミーティングの下ごしらえ

■場所の選び方

→味がすべて
もっとも重要なのがレストラン選び。味はもちろんのこと雰囲気なども「快楽」につながるような食事ができる場所を選びましょう。

出典: FASHION BOX

■自分への仕込み

→お金の準備を
せっかくいい交渉ができてもレジで相手に出させるハメになっては意味がありません。財布には多めのお金を入れておきましょう。

出典: FASHION BOX

■相手への仕込み

→好き嫌いをリサーチ

出典: FASHION BOX

→交渉内容をチラ見せ
相手がすっかりリラックスモードで来ているところに交渉を持ちかけてしまえば、機嫌を損ねる可能性も。交渉であることは伝えておきましょう。

出典: FASHION BOX

正しいランチ・ミーティングの実践方法

では、大事な顧客とランチョン・テクニックを使って良好な関係をキープしたい場合の実践方法を見ていきましょう。

1. 交渉テーマを明確にする
今、顧客と交渉したいテーマを洗い出しましょう。ここが揺らいでしまうと、ただの飲み会や食事会になってしまうので注意。

出典: FASHION BOX

2. 雑談から好みを探る
相手の好き嫌いは普段の雑談から目星をつけておくことがのぞましい。どうしてもわからない場合は、好き嫌いやアレルギーの有無を問うといいでしょう。

出典: FASHION BOX


3. お誘いをかける
「今度の打ち合わせはランチでも食べながらいかがですか?」

出典: FASHION BOX


4.場所をリサーチする
顧客の会社の近隣などアクセスのよい場所で、適した店にアタリをつける。できれば一度くらいは訪問して雰囲気を確かめたい。

[POINT]
激安店などカジュアルすぎれば心証がよくないし、高級すぎればマナーなどに気を取られて打ち合わせどころではない。中間を狙いましょう。

出典: FASHION BOX


5. セッティングをする

出典: FASHION BOX


6.ランチ中は場を盛り上げる
会議室の中と同じ話をしても意味がありません。食事がはじまったら、場を楽しく盛り上げましょう。

出典: FASHION BOX


7. 交渉も楽しく

交渉や打ち合わせ、相談ごとなども深刻ではなく、失礼でない程度に楽しく行いましょう。

出典: FASHION BOX


8. 顧客を見送る

食事代などは適切に出し、礼儀を尽くして相手を見送りましょう。あくまで仕事であることを忘れないこと。

出典: FASHION BOX

 

9. お礼メールを送信する
食事に応じてくれたことのお礼や話した内容をメールで送っておきましょう。「言った、言わない」にならないようにするためです。

[POINT]
アルコールが入っている場合は、酔いすぎた状態で書かないこと。

出典: FASHION BOX


10. 頃合いを見てまた誘う

うまく交渉したいテーマが出てきたところで、またランチに誘いましょう。

出典: FASHION BOX


11. 定例会にする

定期的に開催し、顧客の快楽を打ち合わせと結びつけるようにしましょう。

出典: FASHION BOX


12. 良好な関係をキープする

「連合の法則」によって快楽と打ち合わせが結びついているので、どんな相談ごとや交渉もオープンに受け入れてもらえるようになります。

出典: FASHION BOX

ランチョン・テクニックは恋愛にも大活躍!

■ドーパミンの放出
恋愛がはじまってすぐの頃は、脳内ホルモンの一種であるドーパミンが大量に放出されます。このドーパミンは食事中にも匂いや味に反応して分泌されるので「おいしそう♡」「はじめて食べる~!」などと喜んでいる女子は非常に口説きやすい状態にあると言えます。

■連合の法則
子どもの頃に行った遊園地に大人になってから出かけてみると、当時は楽しいと思っていた場所がそれほど楽しく感じられなくなっていることがあります。これは遊園地に当時の楽しい記憶が連合、つまり紐付けられているためです。食事と恋の関係にも同じことが起こります。

■初デートの定番は食事
特に仲の良くない異性から「デートしてくれませんか?」と言われると多くの女性は警戒しますが、「ちょっと食事でも行かない?」と言われるとOKしやすいものです。仮に交際を断ったとしても「食事だけのつもりだった」と言えるので、非常に気楽な申し出と言えます。

■食事中に次のデートに誘う
食事中というのは、すでに食事にOKを出している状態です。そうなると「小さな要求からはじめ、だんだんと要求を大きくしていくと受け入れられやすい」というフット・イン・ザ・ドア・テクニックが使えます。次のデートの申し込みは食事中にしてしまいましょう。

(参考)

出典: FASHION BOX

『これならできる! 世界一やさしい心理操作テクニック図鑑』
齊藤 勇 監修
https://tkj.jp/book/?cd=TD290502

編集/株式会社G.B.、FASHION BOX
執筆協力/赤木麻里
イラスト/峯村友美
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読