自己中になれば「断捨離」は上手くいく!? 心までスッキリする整理術

■「断捨離」成功のカギは自分&時間

モノでごった返した部屋。見ているだけで憂鬱な気分になってしまいますよね。そして、一念発起し、「片付けよう!」と意気込んでも、押し入れやクローゼットに入れて隠す、あるいは、収納ボックスを購入し、そこにとりあえずモノを押し込んでしまっていませんか? そんな状況では、いくら掃除を頑張ったところでキレイな住空間を手に入れることはできません。 

そんな乱雑な部屋から脱却する方法は簡単。不要なモノを捨て、本当に必要で、お気に入りのモノだけを残す「断捨離」にチャレンジしてみてください。空間だけでなく、あなたの気持ちにも余裕が生まれるはずですよ。

とはいえ、いきなり「不要なモノを捨てましょう」と言われても難しいもの。そこでまず、断捨離をする前に自分軸でしっかり考えることが大切です。ついついやってしまいがちなのが、自分ではなくモノを中心にして考えてしまうこと。

例えば、「これは高かったから捨てるのはもったいない」「旅先で買った思い出の品だから、使わないけどなんとなく残しておこう」というのは典型的なモノ中心の考え方です。そうではなく、自分が必要だから、使うから、残す。そして、不必要であれば捨てる。このように自分を主語にして、断捨離するか否か決断してみましょう。

次に考えるべきは時間軸です。よくあるのは「昔、お気に入りだった洋服」「今後、使うかもしれない調味料」など。みなさんは今まで、これらの「お気に入りだった」「使うかもしれない」モノが日の目を見たことがあるでしょうか。もし、押し入れ・冷蔵庫の肥やしになってしまっているのであれば、思い切って捨ててしまいましょう。

断捨離という考え方で大切にしているのは過去や未来ではありません。「現在、あなたが必要としているのか」ということが一番大切な指標となります。

 

■サクッと捨てられる3つのポイント
しかし、慣れないうちは自分で判断するのは難しいですよね。そこで、自分軸・時間軸で捨てるモノが選べるようになる3か条をご紹介します。捨てるかどうか迷った際には参考にしてみましょう。

 

①「でも・だって」
この言葉の後には「これから使うかもしれない」「もったいない」などが続きます。
モノが溢れている今の日本ならば、必要であれば再度購入することが可能です。
本当にもったいないのは、モノではなく、それを何年も寝かせている押し入れ・冷蔵庫のスペースであると意識しましょう。

②「とりあえず・なんとなく」
「とりあえず」棚へ。「なんとなく」押し入れに。
このように言ってしまっている人は思考停止の恐れがあります。これでは、ただただ問題を先送りにしているだけです。
自分にふさわしいモノは残し、ふさわしくないモノは捨てる意識を。 

③「せっかく」
もう何年も着ていないのに、高かったお洋服は捨てにくいもの。でも「せっかく」だからと残してしまってはクローゼットの肥やしになってしまいます。
このように過去に執着する必要はありません。もし新たに必要になれば、再度買えばいいですし、何年、あるいは何十年前のモノよりも最新のモノを買った方がハッピーになれますよね。

 

■「いたしません!」で心の断捨離も
この3か条でモノの断捨離ができたなら、「コト」の断捨離にもチャレンジしてみましょう。帰り道の余計な買い物、飲み会での取り分けやお酌、年賀状・お中元・お歳暮など、面倒で負担に感じているならば、思い切って「いたしません!」とNOを突き付けてみませんか? 

例えば、飲み会での取り分けやお酌は上司・先輩がいる前では、なかなかやめにくいもの。やめてしまえば「気が利かない」と思われてしまうかもしれませんよね。

しかし、最近は自分のペースでお酒や料理を楽しみたい、という人が増えています。ですから、「ご自分のペースがあるでしょうから……」と一言かけて、取り分け・お酌をやめればOK。

また、「日本の習慣だから」とお中元・お歳暮を贈っていませんか? これも負担になっているのであれば「いたしません」ときっぱりやめた方がいいでしょう。

そもそもお中元・お歳暮は日頃の感謝を伝えるための習慣です。そうであれば、お中元・お歳暮でなくとも、普段から感謝の気持ちを直接伝えたり、ささやかな贈り物を渡したりすることもできるはず。そのうえで「日頃からお世話になっているので、お中元・お歳暮はもう結構ですよ」と声をかけてみるのも一つの手ではないでしょうか。

不要なモノ・コトを断捨離することで、空間や心に余裕を持つことができます。断捨離という言葉の生みの親、やましたひでこ先生が監修を務める『モノ・コト・ヒトの断捨離』では、様々なモノ・コトを捨てるヒントが掲載されているので、気になった方はチェックしてみてください。

 

【Profile】

やましたひでこ
東京都出身、石川県在住。早稲田大学卒。
学生時代に出合ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」を日常の「片付け」に落とし込み、応用提唱。年齢・性別・職業を問わず誰もが実践可能な自己探求メソッドを構築。全国各地でセミナー・講演をするほか、新聞・雑誌・TV・ラジオなど多様なメディアを通して、精力的な活動を展開している。ベストセラー『新・片づけ術 断捨離』『新・生き方術 続・断捨離 俯瞰力』『新・ココロの片づけ術 自在力』(すべてマガジンハウス)をはじめ、『ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術』(宝島社)など、多数の関連書籍は国内外累計400万部を超える。

TJ MOOK『モノ・コト・ヒトの断捨離』
監修 : やましたひでこ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読