羽生VS藤井の公式戦初対決で注目の将棋が『smart』4月号付録に!?

本日、2月17日(土)、東京都の有楽町朝日ホールで行われるのが第11回朝日杯将棋オープン戦の準決勝。羽生善治竜王と藤井聡太四段が、公式戦で初めて対局するとあり大注目を集めています!

将棋界初となる国民栄誉賞受賞も記憶に新しい羽生竜王が、経験の差で藤井五段を打ち負かすのか? はたまた加藤一二三さんをおさえて史上最年少で中学生棋士となった藤井五段が、新たな伝説を作るのか??
将棋ファンならずとも、この歴史的な一戦が気になっている人は多いハズ! 

このように、昨年あたりから一気に盛り上がりを見せている将棋ですが……
「小さい頃、親戚のおじさんと指して以来、将棋盤を触っていない」
「麻雀は分かるけど、将棋のルールはよく知らない」
そんなsmart読者も多いのでは?

そこで2月24日(土)発売の『smart』4月号付録として、こちらの「日本将棋連盟監修! ポータブル将棋セット」をご用意しました!!

手のひらサイズに意匠を凝らした、本格的な将棋セット。
しかも日本将棋連盟が監修した、すなわち将棋界の権威が認めた逸品なのです!!

■スマホ大!? ポケットに入れたいミニ盤!
では、まずは将棋盤をチェックしてみましょう。
二つ折りの状態で緩衝材にくるまれていた将棋盤。この状態でサイズは(約)ヨコ6.4×タテ12.8×厚さ2.1cm。片手でつかめるこの大きさ、アレに似ている……。 

やっぱり! iPhone SEとほぼ同じサイズじゃん(ちょっと分厚いけど)!! 

側面にあるスライド式のロックを外せば、このようにスクエア型の盤面に変身。
表面には白木調の木目模様があしらわれていて、趣がありますね。

 

■童心に返れること必至!指先に乗るミニ駒
続いて駒に注目。
こちらは、このように整列した状態で梱包されています。

使用する前に土台であるランナーから取り外しましょう。
駒をクルクルと回しながら外すと、切り離された部分に突起が残ってしまうことが。万が一、指などを引っかけてしまうと危ないので、突起にヤスリがけをしてなめらかに整えておくのがベターです。 

小さなパーツを取り外して、ヤスリをかける……。
この工程、プラモデルづくりに夢中になった子供の頃を思い出す胸アツな瞬間だと思うのは私だけじゃないはず!? 

で、取り外したのがコチラ。王将でも人さし指の先に乗る超ミニサイズ。
意中のシティガールに見せれば「かわいい♥」を連呼した挙句、いまだに夢中なインスタグラムに投稿されちゃうかも!?

 

■駒には将棋四大書体、巻菱湖を使用!
smart編集部と日本将棋連盟のコダワリは、駒に書かれた書体にまで及びます。

今回、使用したのは巻菱湖(まきのりょうこ)書。錦旗書、水無瀬書、源兵衛清安書とならび四大書体ともいわれる、格式ある書体なのです。 
江戸時代後期の書家、巻 菱湖(まき りょうこ)がルーツだというこの書体は、細身で流麗な文字が目に優しいと評判。「王将」と「玉将」という似た字体の駒を並べてみても、「、」の有無以外に異なる点が多々あることに気づき、思わず見入ってしまうはず。

このように手が込んだ将棋セット。『smart』4月号にもれなく付いてきます!!
ルールについても特集「イチから分かる将棋のこと」で詳しく解説していますので、ご安心を!

smart 4月号特別付録まとめ②

名称

日本将棋連盟監修! ポータブル将棋セット

コラボレーション 日本将棋連盟
盤面サイズ(約) 13×13cm
備考 駒には将棋四大書体の「巻菱湖」を使用

将棋セットと「XLARGE®ラウンドジップ型レザー財布」という豪華2大付録が付いてくる『smart』4月号。巻頭特集は「発表!男のモテデニム」です。乞うご期待!

※ポータブル将棋セット、財布以外は付録に含まれません
※ポータブル将棋セットには小さなパーツがあります。誤飲の危険がありますので、絶対に小さなお子様の手の届かない場所で使用、保管してください
Photo: smart, P.M.A.Tryangle

「smart mag web」

『smart』次号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読