マンネリ打破! おしゃれを格上げするスタイリストの素敵アイデア

寒い日が続いていますね。本格的な冬に突入してから随分経ったこの時季は、スタイルもマンネリ化しがち。特に、暖かさ重視で服を選ぶと、なんだか野暮ったい印象になってしまいます。

そんな時は、『大人のおしゃれ手帖』2月号の「冬〜春のおしゃれを素敵にする20のアイデア」を参考にしてみて。スタイリストの石井あすかさんに聞いた、おしゃれのコツを紹介しています。
特別なアイテムを新たに購入しなくても、ちょっとした工夫でグンと今年らしくなるので、普段の装いにもぜひ取り入れてみてください!

☆『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせはこちら☆

theme 1:
定番をおしゃれに

idea:
白シャツは首元や袖口を出して
白を効かせる

まんま着るとお堅い印象に見えるトレンチ+白シャツは着くずして垢抜けを。
袖口からカフスを大きく出して、くしゅっと折り上げ、襟を出して白の分量を増やします。

コート¥135,000、シャツ¥49,000/ともにスタジオ ニコルソン(キーロ)、
イヤリング¥13,000/ドワ(アリス デイジー ローズ)

**********


theme 2:
コートで先取り!

idea:
スプリングコートは
Gジャンに重ねて冬スタイル

春先に活躍する薄手のコートをGジャンに重ねることで、季節を先取り。
スプリングコートとGジャン、どちらも着られて両得なうえ、定番服同士の組み合わせが新鮮、見違えます。

ステンカラーコート¥65,000、カットソー¥17,000、コットンパンツ¥19,000/すべてヤエカ アパートメント ストア、
コットンデニムジャケット¥32,000/ハイク(ボウルズ)

**********


idea3:
色を味方に

idea:
色タートルをワンピースにイン

タートルで色を挿して装いをブラッシュアップ。
袖丈の短いワンピースで色の露出を増やし、ゆったりシルエットにメリハリをつけて。

ワンピース¥80,000、タートルニット¥37,000/ともにユーモレスク、
タッセルシューズ¥36,000/LT ショップ、
タイツ/スタイリスト私物

 

いかがでしょう? トレンチコートや白シャツ、ワンピースなどは定番の着こなしをしてしまいがちですが、ちょっとしたアイデアで印象ががらりと変わりますよね。
特集では他にも、変化がつけられる小物使いや、大人っぽいデニムの着こなし方など、上品なおしゃれを演出するコツがたくさん紹介されています。ビビッドなカラーアイテムも、靴下などの小物であれば気軽に挑戦できそうですよね。

20のアイデア全てが見たい! という人は、『大人のおしゃれ手帖』2月号40ページからの特集をチェックしてみてくださいね。

 

photograph: Tadaaki Omori
styling: Asuka Ishii
hair & make-up: Yoko Sasaura
model: Mariko Takahashi
text: Mizuki Sakaguchi, P.M.A. Tryangle

※画像、原稿の無断転用はご遠慮ください。


↑『大人のおしゃれ手帖』2月号の特別付録は「LA BAGAGERIE 軽量 & ポケット充実! たためるビッグボストン」です

『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読