パンダ柄とゴールドのギャップ萌え♥オトナミューズ3月号付録は可愛すぎるケイタ マルヤマ大小ポーチ付き

明日、1月27日(土)は『オトナミューズ』3月号の発売日。特別付録は「KEITA MARUYAMA パンダ3点セット」です。

コラボレーションしたお相手は、世界に名だたる日本人デザイナー・丸山敬太さん率いる「KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)」! どこかオリエンタルで優美な唯一無二の世界観に、ミューズ読者のファンも多いはず。 

先日はスマホリングについて紹介したので、今回はポーチ2点のディテールを見ていきましょう!

☆詳しくは『オトナミューズ』3月号に掲載☆

■あれこれ使える大きめのパンダ柄ポーチ


まずは大きめのパンダ柄ポーチからチェック!
その名の通り、ブルー系の地色に規則正しくパンダの顔が並ぶデザイン。イラストのサイズも大きすぎず、パンダが目立ちすぎないデザインも、キャラクターものは持ちづらいミューズ世代のハートを捉えたはずです。
大きさは(約)タテ17×ヨコ24cm。
なかなか余裕があるサイズなので通帳類の整理に使っても便利。手帳とペンやメモを入れて、お仕事バッグに入れておくのにもぴったり。レシートの整理に使えば、家計簿をつけるのが楽しくなりそう。お好みであれこれ使えるはずですよ!

■細々としたものは花柄ポーチへ

小さい方のポーチは(約)タテ12×ヨコ19cm。
暖色系の地色に植物が描かれた、「KEITA MARUYAMA」らしいテキスタイルです。
小さいとはいえども、メイク直し用のコスメや、ティッシュや鍵といった細々としたものの整理には十分なキャパシティ。横長なのでペン類の整理にも使えますよ。

■チャームにパンダを発見!


どちらのポーチのファスナーにも、先日ご紹介したスマホリングを彷彿とさせるパンダフェイスが! 
チャーム部分は(約)1.5×1.5cmというミニサイズで乙女心をくすぐります。
「『パンダ3点セット』って言っても、花柄ポーチにはパンダ付いてないじゃん」と思った方にも、これで納得してもらえたはず!

■ポーチ後面のゴールドにギャップ萌え♥

女性らしいデザインが印象的なポーチ2点ですが、単なるかわいいポーチで終わらないのはさすが「KEITA MARUYAMA」。
裏返してみて、私、度肝を抜かれました……。
まぶしいほどのゴールドなんです!

愛らしい前面から一転して、クールに攻めたデザイン。生地も、前面にはざっくりとした織物生地を、後面にはつるりとしたさわり心地のフェイクレザーを、と切り替えるこだわりよう。
さらに「KEITA MARUYAMA」のブランド名も型押しされています。まぶしいっ!

3点それぞれ、本当に素敵……と「宝島オンライン」編集部員も欲しくてたまらなくなった特別付録「KEITA MARUYAMA パンダ3点セット」は『オトナミューズ』3月号にもれなく付いてきます!

オトナミューズ3月号特別付録まとめ

名称

KEITA MARUYAMA パンダ3点セット

ブランド名 KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)

サイズ(約)

スマホリング:タテ4.1×ヨコ4.2cm
パンダ柄ポーチ:タテ17×ヨコ24cm
花柄ポーチ:タテ12×ヨコ19cm

収納スペース

パンダ柄ポーチ、花柄ポーチ:メイン収納部×各1カ所

『オトナミューズ』3月号の表紙は専属モデルの梨花さん。巻頭では「『洒落たい』ならメイクを変えよう!」と掲げた新春ビューティスペシャルをお届けします!

※付録のスマホリングは商品の機能上、スマートフォンに取り付けるとはがれづらい仕様になっています。まずはセロハンテープなどで仮留めして、固定する場所を決めてから貼り付けることをオススメします!
※スマホリングをご利用の際は、スマホリングがスマートフォンにしっかり装着されていることを確認のうえ、お使いください
※スマホリングの対応スマートフォンは接着面のH3.5cm×W4cmより広い面積がある機種となります。ご了承ください

※「KEITA MARUYAMA パンダ3点セット」以外は付録に含まれません
※ポーチは総柄生地を使用しているため、柄の位置は写真と異なります

『オトナミューズ』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読