脱バブリー唇!イガリシノブ直伝 華やぎリップメイクの仕上げ方

現在発売中の『& ROSY』2月号の巻頭特集は「人気アーティストが作る 2017年 ベストオブ品格顔」。イガリシノブさん、小田切ヒロさん、長井かおりさんというトレンドメイクを牽引する3人のアーティストが美の競演を果たしています。

洒落見えカラーの魔術師ことイガリシノブさんが、昨年を象徴するメイクとして提案したのは「マットローズで魅せる 華やぎリップメイク」。

ロージーなマットリップを主役に
目もとにシックな色で輝きをオン
華やか色を纏っても品のある美女に


とはいえ、まったりとした彩りのマットリップって、一歩間違えればクラシカルなバブリー顔になっちゃわない?
そこでイガリシノブさんに、イマドキの華やかリップメイクの仕上げ方を教えてもらいました!

☆詳しくは『& ROSY』2月号に掲載☆

【POINT!】
クラシカルに転びがちなマットローズリップは
山を立たせずまろやかに!


マット&インテンスなカラーのリップを使う場合、かっちり輪郭を取りながら塗ると古顔印象になり、かえって老けて見える可能性があるので要注意です。

「最初からリップブラシできちんと塗るのではなく、まずはスティックをグリグリと直塗りしてから、ブラシでならしていくこと。
唇の山は角張らないように、谷の部分を少しなだらかに」(イガリさん)

【HOW TO MAKE-UP】

1
リップは直塗りで
鮮やかに色をつけて


リップはスティックを唇に直に当て、内側からグリグリと塗りつける。
マット質感はドライに見えやすいので、リップベースなどを仕込んでなめらかな仕上がりの下準備を。

2
ブラシ仕上げで丸みのあるフェミリップに

縁に色が溜まらないように、リップブラシで内から外へと広げ、輪郭もマイルドに取る。
唇の山をカクンと強調すると古顔になるので、谷を埋めて丸みのある仕上がりに。

【USE IT!】

キスキス マット 377

¥4,300(ゲラン)

 

今回ご紹介したイガリ流華やぎリップは、『& ROSY』2月号誌面で提案してくれているメイクの序章に過ぎません。
特集では、このリップに合わせたヌケ感のあるアイメイクと、目もと&リップの色とリンクさせたチークの入れ方も伝授してくれています。
さらに小田切ヒロさん、長井かおりさんによる、昨年を象徴する品格顔もお見逃しなく!

詳しくは『& ROSY』2月号24ページからの巻頭特集でどうぞ♪

【Profile】
イガリシノブ
メイクアップアーティスト。
独創的な色・質感の組み合わせでハッとする引力顔を生み、それがトレンドとして巷に伝播。
感覚派のようでいて、コスメ使いは極めて理論的。

photo:DAISUKE TSUCHIYAMA[TRON](model), KEI OHNAKA[D-CORD](still)
hair&make-up:SHINOBU IGARI[BEAUTRIUM]
model:SERI IWAHORI
text:YOKO YAMAMOTO, TAKARAJIMA-ONLINE

※原稿、画像の無断転載はご遠慮ください


↑『& ROSY』2月号の付録は「超豪華コスメ7点セット」です

『& ROSY』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読