クリスマスギフトにセイコーのダイバーズウォッチが喜ばれる理由【バーニーズ ニューヨーク限定品】

クリスマスまであとわずか。
いまだプレゼントを決めかねているあなたに、おすすめのアイテムをご紹介したい。
「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」限定の「セイコー(SEIKO)×ジウジアーロ・デザイン(GIUGIARO DESIGN)コラボレーションウォッチ」がまさにそれだ。
今年の夏に販売し、即完売となった第1弾の大好評を受けて、急遽第2弾のリリースが決まった本モデルは、まさに贈り物にふさわしい最旬アイテムと言っていいだろう。
そこで、今回この時計が、いかに秀逸な出来であるかを説明することで、プレゼント選びの後押しにして欲しい。

☆詳しくは『MonoMax』2018年1月号に掲載☆

「セイコー×ジウジアーロ・デザイン コラボレーションウォッチ
 ¥45,000
お問い合わせ先  バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター
TEL 0120-137-007

 

■うんちく好きを唸らせる、機能とデザインの融合

1980年代に絶大な人気を集めた、「セイコー」と「ジウジアーロ・デザイン」によるダイバーズウォッチの復刻第2弾が本モデル。「ジウジアーロ・デザイン」とはイタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロがタクトを振るうデザインチームのことである。
彼の名を聞いたことがなくとも、その仕事(アルファロメオ、アウディ、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するデロリアン……etc.)を目にしたことは誰しも1度や2度はあるはず。
そんな彼が手掛けた時計はまさに、機能美の極みとも言えるもので、いわゆるデザインのためのデザインとは一線を画す、ユーザー目線に立ったデザインが特徴だ。
今回のダイバーズウォッチも、水中での手首の動きをスムーズにするために考案された、左右非対称のケースや、ブラックベースに視認性の高いオレンジカラーが映えるベゼル、さらにはハニカムパターンを乗せたフェイスデザインなど、無骨さと繊細な意匠が調和した、実に男心をくすぐる逸品に仕上がっている。

 

 

神は細部に宿る繊細なディテールワークにも注目!

【Point 1】
所有欲を高めるシリアルナンバー

今回のモデルも数量(300本)限定を示すシリアルナンバーが裏蓋に刻印されている。
所有欲と同時に存在価値を高めるディテールのひとつ。「限定」というのも男性が喜ぶ1つのキーワードである。

 

【Point 2】
静かに主張するツヤ消しマットの黒

バックルまでマットな黒で統一するこだわりよう。
耐久性と装着性に優れたシリコンストラップとともにスタイリッシュさを底上げ。
シックなカラーリングは、渡す相手の好みに左右されないのも嬉しい。

 

【Point 3】
保護性と操作性を兼ねるプロテクター

ケースサイドに固定した別体のグリップ付きプロテクターは、衝撃から保護しつつ潜水時間の設定時に回転ベゼルの操作性を高める。ハードな使用に耐えうるタフな作りは、アクティブな男性にもぴったり。

 

クリスマスプレゼントは勿論のこと、自分自身へのご褒美としてもうってつけのこの時計。何度も言うように数量限定なので、早めのチェックをおすすめしたい。
さて、『MonoMax』1月号の巻頭特集は、「MonoMaxが選んだ10の傑作品」。
10周年にちなみ、目利きのスタッフが吟味を重ね「いま本当にいいもの」を選び抜いた、まさに入魂の企画なので、是非ご一読を。

撮影/村本祥一(BYTHEWAY)
文/MonoMax、宝島オンライン

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

『MonoMax Web』

『MonoMax』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読