いま一番おしゃれなストールの巻き方「ミラノ巻き」に挑戦!

真冬のおしゃれな防寒アイテムとして欠かせないのがストール。
ただ、いくら素敵な色柄でも、巻き方がこなれてないと、今一つ決まらないなんてことありませんか?
そこで、メンズのファッショニスタの間で火がつき、いまもっとも旬度の高い、通称「ミラノ巻き」を手順とともにご紹介。
首もとの立体的な表情が、いつもの装いにぐっと洒落感を加味してくれますよ。

☆詳しくは『InRed』2018年1月号に掲載☆

 

 【巻いているのはコレ!】

 

注目度上昇中の、上質なカシミアで評判の英国最古のテキスタイルブランド。
[190×70㎝]¥52,000(ジョシュア エリス/グリニッジ ショールーム)

 

【「ミラノ巻き」の手順】



ストールをふんわりと持ち、左右のバランスが1:2になるように首にかける。



長く垂れた右側の端を持ち、ぐるっと首に1周させる。
 


写真のように、首の輪の間から左側をゆっくりと引っ張り出し、ループを作る。



で作ったループに左手を入れ、右側の先端を上から通す。



ループに通した先端を、形が崩れないよう優しく引っ張る。



首まわりにボリュームをもたせ、全体を整えれば……

 

完成!

ボリューム感と立体感が可愛い「ミラノ巻き」は、大人の定番、チェスターコートとも好相性!
トラッドなチェック柄と相まって、程よく力の抜けた大人カジュアルへと昇華。

コート¥43,000(パリゴ/パリゴ 丸の内店) 
ニット¥4,990(ファビア/オットージャパン) 
イヤリング¥15,500(ラダ/アーバンリサーチ渋谷ヒカリエ シンクス店)

 

一見難しそうですが、手順通りにやってみると驚くほど簡単にできるので、是非挑戦してみて下さい。
さて、『InRed』1月号では「ただ足すだけで冬美人になれる! ストールの洒落た巻き方」と題して、「ミラノ巻き」以外にもさまざまな巻き方をご紹介していますので、チェックしてみて下さい。

撮影=横井 隼
モデル=平野由実
スタイリング=大工純子
ヘア&メイク=長澤 葵
取材・文=吉田ミオ、宝島オンライン

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 


© Moomin Characters ™

↑『InRed』1月号の付録は「ムーミン×アダム エ ロペ ル マガザン リトルミイの福袋」です

『InRed』最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読