おしゃれ女子は始めている! 3大スポーツって?

おしゃれ女子は始めてる! NOスポーツ、NOライフ!!…というわけで、SPRiNG4月号では、グッドガールのスポーツ事情について大調査!

b1879fb206a93b337a84cac9d9eea462.jpg

■ランニング
健康のために気軽に始められるスポーツとして、世代を問わず人気のランニング。早起きしてLet’s Runして気分もすっきりリフレッシュ!
□Harumi showroom 代表・春海茜さん(ラン歴4年)
ダイエットがきっかけで4年前からランニングを開始。週一で自宅から砧公園までを往復するのがコース。ランで辛くない呼吸の仕方を考えながら日々試行錯誤。走りきったときの達成感と爽快感、ビールが最高!
【マストアイテム】
・ブランのサングラス
自分好みのものを選ぶとランニングのモチベーションも上がる。日差しを遮ってくれ、集中力も高まるとか。
・日焼け止めリップ
紫外線から肌を守ってくれるUVカットのリップは必携。天気のよい中で走るのは気持ちいいからこそ紫外線対策も万全に。

□フレームワークス プレス・一水千春さん(ラン歴20年)
小さい頃から父親の勧めでマラソン大会に出ていたという一水さんは、元陸上部。週一で走る駒沢公園歴はもうすぐ10年。タイムは気にしないで自分のペースで走るのがポリシー。走ることがリフレッシュにもなるのだとか。
【マストアイテム】
・水筒
水筒にはいつも白湯を用意。冷たい水を飲むよりも体が冷えなくていいのだとか。まさしくランナーの鏡!
・カラフルソックス
ポートランド発、ジ・アスレチックのソックスは、CoolMax素材で吸汗速乾も抜群。ラン中も足元までおしゃれは抜かりなく。

■山登り
登った人にしかわからない景色や空気が登山の醍醐味。グッドガールが愛してやまない山と、おすすめのガジェットを紹介します。
□マチュピチュ プレス・郷 真理さん(登山歴7年)
人気ショップのプレスを担当する郷さんが登山を始めたのは、登山好きの知人に誘われたことがきっかけ。今ではどっぷりハマって、岩手、長野、山梨、名古屋、岐阜、屋久島など、全国の名山を登る登山フリークだ。「山では、情報がなかなか入ってこない分、余計なことを考えなくてすみます。体がすっきりして、気持ちもリフレッシュできます。疲れると山に登りたくなるので、今では友人を登山に誘うと疲れているのかと心配されたりします(笑)春先はベストシーズン。これから暖かくなるのが待ち遠しいです!」。
【マストアイテム】
・グローブ
山は枝や岩などたくさんあるのでグローブは必須。
・プラティパスのボトル
水を入れて、飲み終わったらくるくるまとめられる。

□スタイリスト・曽田望美さん(登山歴4年)
「父親が登山をしていたので興味はあったのですが、友人に誘われたのをきっかけに本格的に始めました」。無心でもくもくと登るタイプだという曽田さんは、今や時間と天候が許す限り、登山に出かけているそう。「毎年誕生日付近にも休みをとって夫や友人と登ったりします。いちばん好きな山は八ヶ岳で、毎年行っています。登っている最中は苦しいけど、キレイな景色が見られたときは最高です」。一泊登山は朝日や夕日、星空など、非現実的な景色が味わえるのが醍醐味。「少し寒いぐらいの季節が好きで、おすすめは秋。空気も澄んでいて星空もとてもキレイに見えます」。
【マストアイテム】
・ダウンジャケット
山小屋は朝晩冷えるので、ダウンジャケットは必携。
・コッヘル
カップラーメンやおでんを作ったり、お湯を沸かして暖をとるのにも使える。

photographs:SACHI KATAOKA, YUMIKO YOKOTA[STUDIO BANBAN], SHOKO MATSUHASHI[PPI], TOMOE SUZUKI, TOMOKO YONETAMARI
text:YUKI KOIKE
illustration:SHOGO SEKINE

詳しい情報は、本誌44ページからの「NO SPORTS, NO LIFE」にてご確認ください。

SPRiNG4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読