InRed Festival2014レポ後編! 竹内結子さんとガールズトーク♥

10月26日(日)に開催された「InRed Festival2014」!
先日UPした前編レポ、チェックしていただけましたか?
本日は、後半の様子をお届けします。

 64bc74539f5cb4b7df933620e3a5ab35.jpgcfeaaf9f5e4ef09d390b473641407129.jpg6c0bdc4b7cf64757f97cac7a6daaee63.jpgda1fed6157d370555b3cd76ca73e75d1.jpg

イベント前半が終了して、会場は後半の準備に。
読者の皆さんはInRedの表紙体験をしたり、スタンプラリーの景品を引き換えたり、各ブースをまわったり、それぞれ楽しそうに過ごされていました。ミニステージでは、浅見れいなさん、仲間リサさんのトークショーも! お2人のお話に、皆さん興味津々です。

P1000202.JPGP1000205.jpg

さて、イベント後半もファッションショーで幕開けです。
FLORENT、PLST、AMIW、le.coeur blanc、Another Edition、URBAN RESEARCH、Mila Owenの順に、計7ブランドが登場。前半同様、浅見れいなさん、仲間リサさん、宮本りえさん、黒田エイミさん、AVIさん、澤村花菜さん、木下ココさん、絵美里さん、菅原沙樹さん、入山法子さんにご登場いただき、ステージを盛り上げていただきました。

ショーが終わると、InRed編集長・箕浦が登場。挨拶を経て、トークショーゲストの竹内結子さんを呼び込むと、会場のテンションは最高潮に! 竹内さんが姿を現すと、「かわいい!」、「キレイ!」、「こっちを向いて」とあちこちで歓声があがりました。

P1000236.jpgP1000225.JPG

あたり一面を見渡して「赤のアイテムがいっぱいで、お花が咲いているみたいですね」と竹内さん。映画などの舞台挨拶で話す機会はあっても、トークショーは今回が初めてなのだとか。「ちょっと緊張しているけど、編集長がいるから大丈夫です」と2人の信頼関係の深さが伝わってくるお言葉も。そして、トークに入る前に竹内さんのsomething redコーデについてコメントをいただきました。「あえて赤が引き立つように、シンプルなコーデにしました。マニッシュな格好でも、足元を赤にすることで女性らしさも表現できますよね」。赤も、女性らしさも引き立つコーデ、さすがですね!

P1000221.jpgP1000219.JPG

MCの若井さんが今季注目しているファッションについて尋ねると、「スウェット素材や男性的なアイテムですね。ボーイッシュなものを取り入れたいと思っています。ただ、だらしなくなりすぎないように、女性らしい色使いや素材感のものと合わせたいです」と語ってくださいました。「今季はボーイッシュな傾向が強く、トレンドの1つでもあります。皆さんアイテムをミックスさせることが好きだと思うので、女性らしいものを1つ取り入れてみてくださいね」と編集長・箕浦から読者の皆さんにアドバイスも。
これまでのファッションについて振り返っていただくと、「20代は大人らしくありたかったので、ピリッとしたものを選んでいました。30代は、無理をしなくても大人らしく見えてくるので(笑)、攻めていきたいですね。カジュアルも、女性らしいものも、エッジが効いたものも楽しめるようになって、ファッションの幅が広がったように思います」。「首、手首、足首といった“3首”を見せることで、グッと女性らしさが引き立ちますよね」と編集長・箕浦。「そうですね。私、男性のスーツから覗く手とか好きです(笑)」という竹内さんの発言に、会場から「わかる!」と共感の声もありました。

 P1000233.jpgP1000226.jpg

続いての質問は、気になる竹内さんの生活について。「美容面で気になることがあったらプロの人に聞いちゃいます! 肌が荒れたら早めに相談したり…あと、保湿は丁寧にしています。仕事が終わったら早めにメイクを落として肌を休ませるようにしています。スキンケアも食事も、そのときの自分に合うものを選んでいますね。休みの日は……目覚ましをかけません(笑)! よく寝たいんです。わざわざ早起きをして何かをしたいタイプですし。長期の休みがとれたら、家族で旅行に行くこともあります。乗り物に乗ることで、日常からリフレッシュできますよね。休みを楽しむために、仕事も頑張る。メリハリをつけて過ごすことが大切かな」。

そんな竹内さんの趣味について伺うと「仕事と同じくらい注げる趣味を持った方がいい、と言われますが、趣味といえることがないんですよね。仕事で演じる役柄に影響されて、その期間だけ、趣味のようなものを持つことはあります」。「竹内さん、調べ物好きですよね。役柄に合わせて、その周りのことを調べたりしている印象があります」と編集長・箕浦。「本屋さんが好きなんです。界隈で大きいところの本屋さんを見つけて、調べ物をするために本を見に行くこともありますね。半日くらいは居られます!」といった一面も。

P1000235.JPG P1000238.jpg

MC若井さんが「残念ですが、もうそろそろお時間です」と告げると、会場からは「えー!」と残念がる声が多数。そんな中、最後に読者の皆さんに一言いただきました。「InRed読者のみんなは、同世代が大半だと思います。これまでいろいろなことがあっただろうし、これからもあると思うけど、もっと楽になる40代を目指して、30代をより謳歌していきましょう!」とエールをくださいました。竹内さん、ありがとうございました。

d33203e332e407e3ecee0d44a508e357.jpg89e1e092082e5c7b600b25072f604046.jpg

トークショーの後は、お楽しみの抽選会! 抽選くじを引くのは、坂上忍さん。InRed読者の皆さんの運命は、坂上さんの片腕に……。なぜか「どっこいしょ」の掛け声でくじを引かれていたのが印象的でした(笑)。気になるプレゼントは、ファッションショーでモデルさんが着用したアイテム、ワンピース&ダウンといったコーデ一式セット、美容アイテム、アクセサリーなど、豪華アイテムが続々登場。当選された51名の幸運な皆様、改めておめでとうございます! 最後はショーに登場いただいたモデルさんたちが再び登壇。大盛り上がりの中、閉幕しました。来年もどうぞお楽しみに!

 P1000244.JPG P1000245.JPGP1000247.JPGP1000250.jpg

InRed11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読