菅野ちゃんがアラフォーだったとは……「GLOW」初登場でピュアな魅力を発揮

glow1612_h1_144dpi

本日、10月28日(金)は40代向け女性誌「GLOW」12月号の発売日。
表紙を飾る、この透明感たっぷりな美人さんは……そう、女優の菅野美穂(かんの みほ)さんです!

あれ、菅野美穂さんって40代だっけ?そんな疑問を抱いた人も多いはず。
フレッシュという言葉がしっくりくる菅野さんですが、実は40代を目前に控えた、立派なアラフォー。今号ではめでたく「GLOW」初登場を果たしました!

表紙撮影に連動したカバーストーリーでは、今まで通りピュアな魅力全開。とはいえ、カジュアルスタイルをモノトーンで仕上げたコーディネートなど、ちょっぴり大人な表情で魅せてくれています。

P026-027_菅野美穂再校修正.indd

がんばりすぎないモノトーンスタイル

黒は「きちんとした格好のための色、という印象だった」という菅野さん。ボーダー、オールインワンにスニーカーという馴染んだカジュアルアイテムも、モノトーンならクールに遊べる。

昨年、第一子を出産した菅野さんは、ただいま放送中のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系・金曜夜10時~)などで芸能界に本格復帰。そのストーリーの面白さとスタッフの熱意に惹かれ、出演を決意したそう。

その心境を、表紙撮影に連動して行われたインタビューでは仕事に対しては、いつもどこか、何かしら、自分を差し出すことが必要だと思うんですと語ります。

差し出すのは、いつだって今の自分。等身大の自分が、今、この瞬間にできる最善のこと。自身、「落ち着きと、穏やかさを身につけたい」と考える40代を目前にして、それが女優として、人間としての、菅野美穂さんの挑戦になるのだろう。

「いやー、でも、まだまだいろんなものが足りていない気が……。
40代の自分は、いったい何が武器になるのかな?とは、考えますよね。現場でも年長者になってきたし、自分の若さと勢いは失われていくのに、仕事場でも家でも若さに対応しなくてはいけないわけで(笑)。
でも、そういった意味でも、ドラマの中の亜紀と同じく、自分のことだけではなく、若い人たちとともにどうあるべきかを考えていく。
40代は、仕事と家庭のバランスを取りつつ、そんなことに取り組む10年にしたいと思います」

落ち着きと穏やかさなんて、菅野さんにはもう備わっているのでは?
なんて邪推をしてしまいそうになりますが、この言葉から滲み出る向上心に、ただただ頭が下がります。
40代も輝き続けるに違いないその姿から、今後とも目が離せません!

菅野美穂さんのインタビュー全文は「GLOW」12月号26ページからのカバーストーリーをご覧ください!

 
「おしゃれ40代のときめきブランド」を大特集している「GLOW」12月号。コスパも品質もGLOW世代が着るものとして、文句無し。さらに今っぽさを足してくれる「ときめきブランド」が大集合しています。

furoku01

ブランドアイテム特別付録として「イエナ ラ ブークルのマナーバッグ」と「イエナ ラ ブークルの巾着ケース」、とじ込み冊子「大人のお作法BOOK」という完璧マナー3大付録もセットです。 

書店やコンビニで「GLOW」12月号のチェックをお忘れなく♪

 

撮影=YUJI TAKEUCH〈I BALLPARK〉 
スタイリング=福田麻琴
ヘア&メイク=北 一騎〈Permanent〉 
取材・文=大谷道子

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「GLOW」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読