今がいちばんイイ感じ! GLOW世代に「今の私に至るまで」をインタビュー

GLOW12月号では、さまざまな分野で輝いている40代女子7人に、「今の私に至るまで」を伺いました。いろいろありながらもがんばった、そんなひたむきな姿には、美と幸福のヒントが満載です!(撮影:天日恵美子、スタイリング:鈴木えりこ、ヘア&メイク:光倉カオル、取材・文:土谷香織)

ee94028cd5032c219c446a9422ce0aee.jpg

学生時代のモヤモヤした気持ちを払拭しようと、一度きりのつもりでオーディションに応募したら見事合格。高校卒業後に状況し、19歳の時、アイドルグループとしてデビューした永作博美さん。アイドルの仕事は楽しかったけれど、モチベーションを保つのに苦労。22歳の頃、舞台出演をきっかけに芝居の面白さに開眼。今までの殻を破るチャンスが訪れた。「自分をさらけ出すのが恥ずかしいと思っていた私にとって、舞台は自分を解放する気持ちよさを教えてくれました。できないからこそ、もっとやってみたい! 初めて自分の中に光を見つけたと思います。とはいっても下手は下手なままなので、20代は試行錯誤の繰り返しでした。自分の童顔にも引け目を感じていましたし、とにかく多くの矛盾を抱えていましたね」

芝居のやり方を変えたいと思ったタイミングで、映画の世界に挑戦。厳しい監督と組むことで、自分の芝居を見つけることができた。「泣きそうなくらい追い詰められたから、ちゃんと自分が変われたんだと思います。あの時がなければ、今も苦しいままだったかもしれない。40代手前で家族ができてからは、時間配分や気持ちの整理が大変! でも、今めちゃくちゃ楽しいです。やることがいっぱいありすぎて、よくパニックになりますし、足裏の自律神経のあたりを押すとものすごく痛かったりもしますけど(笑)。まあでも、幸せです。文句は言えませんね」

本誌では、永作さんのほか、霧島れいかさん、はなさん、渡辺真起子さんなど7人の40代女子にインタビュー。詳しくは、32ページから「40代からのV字回復!」にてご確認ください。

GLOW12月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読