「チオベン」レシピで、お弁当の定番メニューも新しいおいしさに!

意外な食材の組合せなのに、とびきりのおいしさ。リンネル12月号では、ケータリングで大人気の料理人・山本千織さんが作るお弁当レシピを紹介しています。(Photograph:Youichi Onoda、Cooking&Styling:Chiori Yamamoto、Text:Tsumugi Takahashi)

 6e9bf7b0fdedca13eb7da6503fda22da.jpg

お弁当の定番、サンドイッチとおにぎり。定番すぎて、マンネリになってしまいがちなのが玉にきず。チオベンらしい少し変わった組合せのレシピを紹介します。

■ カリフラワーペーストと洋梨、セルバチコのサンドイッチ

f752a8744e98a296f7b66c7bd507327b.jpg
野菜の濃厚な風味のカリフラワーペースト、強い苦味の葉野菜セルバチコ、さっぱりした甘さの洋梨。3つの味が重なると、食べたいことのない新しいおいしさ!
材料(2人分):カリフラワー100g、★(オリーブオイル大さじ1、塩少々、溶かしバター大さじ1)、洋梨1/2個、セルバチコ(ルッコラでも)適量、生ハム適量、サンドイッチ用パン4枚

1. カリフラワーを小房に分けて、多めのオリーブオイル(分量外)で炒める。
2. 1と★をフードプロセッサーにかけ、ペーストを作る。
3. パンに2を塗り、スライスした洋梨、セルバチコ、生ハムをのせ、もう1枚のパンではさむ。

■ 柚子こしょう風味の海苔おにぎり

 423e9b65abdda5075669a96f98e11531.jpg
ごはんではなく、海苔に味をつけるグッドアイデア! 柚子こしょうのさわやかな辛さが効いた大人味のおにぎりです。
材料(2人分):ごはん適量、海苔適量、柚子こしょう 耳かき2さじ分、しょうゆ50ml

1. ごはんをおにぎりにする。
2. 柚子こしょうをしょうゆに溶き、海苔を片面だけ浸す
3. おにぎりに海苔を巻く。

■ ねぎ入り卵黄しょうゆおにぎり
しっかり炒めたねぎと大根おろし入りの卵かけごはんをおにぎりにしたイメージ。しっとりなめらか、卵のうまみがいきています。
材料(2人分):ごはん適量、大根おろし大さじ1、ねぎ(白い部分)1/2本、卵黄1個、米油大さじ1、しょうゆ少々

1. ねぎを縦半分に切ったあと、2mm幅にスライスする。
2. 鍋で1を米油で炒めしんなりしたら、大根おろしを加える。
3. しょうゆをたらし、もったりしてきたら卵黄を混ぜ、しょうゆで味をととのえる。
4. ごはんに3を混ぜ、おにぎりにする。

この他のレシピは、本誌210ページから「チオベンさんの秋満喫お弁当」にてご確認を。

リンネル12月号はこちら! 

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読