今年チェックすべき本命ウエア「インナーダウン」の着まわし術

インナーダウンは、軽くて薄くて温かいアウトドアの定番だ。それを街で着るスタイルに、今年注目が集まっている。MonoMax11月号では、いまから冬まで目一杯着まわせる活用術をご紹介!treasuresでも、その一部をお届けします。(取材・文:片山貴晴、編集部、撮影:西村廣起、鈴木マサユキ、スタイリング:近澤一雅、ヘアメイク:RYOKI、モデル:蔵本敬充)

monomax1411innerdown.jpg

コートやジャケットを羽織るにはまだ早い今の時期。インナーダウンの薄さや軽さは秋のアウターとしてとても優秀だ。コンパクトに収納できて持ち運びにもストレスがない。ベストタイプなら、程よいボリュームでアウター感がきちんとありながらも、季節を先取りしているような印象にはならない。機能的にも今の季節にぴったり。ダウンならではの高い保温力が肌寒い朝晩に活躍。適度な暖かさで体幹を優しく包み込む。フロントオープンで温度調節もしやすく、着ないときはコンパクトに丸めて収納可能。かさばらずにバッグにしまえて、どこにでも持って行ける。ネックやラウンドネックのデザインはジレ感覚で使える。スポーティな雰囲気がある分、インナーダウンは鮮やかなカラーリングのカットソーなどとの相性もいい。そして特筆すべきは、ボトムスを選ばない汎用性の高さだ。ジーンズやチノパン、スエットやスラックスまで幅広い着こなしを楽しむことができる。

そもそもアウターとのレイヤリングを前提にデザインされているインナーダウンは、シルエットが全体的に細身。身幅も袖も体にフィットするパターンで着丈も短めだ。大人のカジュアルの鉄則は適正なサイジング。どんなアイテムであれベーシックなものはジャストサイズで着たときが最も美しく、かっこいいように作られているものだ。ジャケットタイプのロングスリーブインナーダウンはアウターとしてかなり着まわせるアイテムだが、前述したような理由で、ジャストサイズの美しさやスマートな雰囲気も自然に演出される利点がある。ひと口にロングスリーブのインナーダウンといっても、いろいろなデザインがある。タウンユースならラウンドカラーがおすすめだ。パーカとの重ね着も、フードに干渉せず首周りはすっきり。シックなカラーリングはアウトドア感やスポーティなテイストを抑え、カジュアルな装いの都会的なアクセントとして機能する。また、全体のシルエットをシャープに見せる効果もある。

さらに詳しい情報は、本誌83ページ「街で着る! インナーダウン120%活用術」にてご確認を!

MonoMax11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読