煮る、和える。2つの調理法で楽しむ、秋食材レシピ

138bba3be530f16025292b98d684cd2b.jpg

おいしさと栄養がぎゅっとつまった秋の食材。大人のおしゃれ手帖11月号では、旬のうちにたっぷり楽しめる「煮る」、「和える」2つのレシピを料理研究家・野口真紀さんに教わりました。treasuresでも、その一部をお届けします。(Photograph:Sachie Abiko、illustration:Chisato Hiyama、Text:Shiori Fujii)

食材:里いも

・ 里いもとベーコンの煮物
あっさりした里いもとがんもどきに、ベーコンのコクが相性抜群! ベーコンと白だしを利用するので、手軽に作れます。
[材料(作りやすい分量]里いも5個、がんもどき4個、ベーコン4枚、煮汁(白だし:大さじ3、水:2カップ、砂糖:大さじ1/2)、柚子(薄い輪切り)1枚

d393d9cf879b8d73088d75531000a3a5.jpg

1. 里芋は皮をむく。がんもどきは熱湯でサッとゆでて油抜きをする。ベーコンは4等分に切る。
2. 鍋に煮汁の材料を入れて煮立て、1を入れて落しぶたをし、15分くらい弱火で煮てそのまま冷ます。仕上げに柚子をかるく絞りかけてから飾る。

・ 里いもマッシュサラダ
かにかまやみょうがの淡いピンク色が美しい一品。食感や風味もバリエーション豊かで、食べ飽きないおいしさです。
[材料(作りやすい分量]里いも6~8個、すし酢 大さじ1、かにかま(手でさく)5本、青じそ(葉をせん切り)10枚、みょうが(せん切り)2個、塩 適宜

fea1d83870a3426cc0d622b9d1ee1cf3.jpg

1. 里いもは皮のまま蒸して、熱いうちに皮をむいてボウルに入れる。すし酢を加えて、フォークなどでつぶす。
2. 1に残りの材料を加えて、全体を混ぜ合わせる。

本誌では、れんこん、いわし、しらす、ごぼう、かぼちゃを使ったレシピを紹介しています。詳しくは本誌164ページ「旬をいただく煮物と和え物」にてご確認を。

大人のおしゃれ手帖11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読