ヘルシーなきのこをサワークリームと一緒に。ワインが進む一品

夜遅く帰った日、やさしくお腹を満たしたい……
そんな時の夜遅ごはんを料理家・飛田和緒さんに教わるGLOWの好評連載「大人の夜遅ごはん」。11月号では「きのこ」を使ったレシピを紹介します。treasuresでも、その一部をお届けします。(撮影:神林環、料理・レシピ:飛田和緒、スタイリング・文:花沢理恵)

ヘルシーなきのこは、肉料理など、ボリュームのある食材と合わせるとカロリーダウンできるので、夜遅メニューにはもってこい。種類もいろいろ、香りのよさと風味も相まって、料理がおいしく仕上がるのも嬉しい。
「きのこ類は、できるだけ新鮮なうちに食べたいもの。パックのまま保存してしまうと、水分がでたり、乾いたりしてしまうので、我が家では、きのこが余ったときに『冷凍保存』や『塩きのこ』にしています。きのこの冷凍保存の方法はとっても簡単。汚れを軽く拭き、食べやすい大きさに切ってから、密封袋に入れて冷凍庫へ。使いやすくするため、少量のオリーブオイルをなじませても。塩きのこは、適当な大きさに切ったきのこをサッと下ゆでして、熱いうちに塩をふり、保存容器に入れておくだけ。きのこ500gに対して塩大さじ1と1/2が分量の目安。約1週間、冷蔵庫で保存可能ですから、ストックしておくとすごく便利。サラダのトッピングやパスタにも、すぐに使えておいしいですよ」(飛田さん)

glow1411kinoco.jpg

■きのこのサワークリーム煮
[材料(2人分)]しいたけ1パック(6枚)、エリンギ1パック(2本)、しめじ1袋(100g)、にんにく ひとかけ(つぶす)、塩小さじ1/2、胡椒少々、オリーブオイル大さじ2、サワークリーム1/4カップ強、刻みパセリ少々
1. きのこはひと口大に切る。小さく切ると、炒めた時に形がなくなってしまうので、大ぶりに切る。
2. にんにくとオリーブオイルを合わせて弱めの中火にかけ、香ばしくなってきたらにんにくを取り出し、きのこを合わせて炒める。
3. 塩を加えてしんなりとするまで炒め、胡椒をふり、サワークリームを合わせてとろみがつくまで煮からめる。
4. 味をみて塩でととのえ、器に盛り、刻みパセリをふる。

3種類のきのこは大ぶりに切ることで、それぞれの香りと食感も楽しめます。ワインにぴったりの一品です。

GLOW11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

メルマガを購読