大人のスニーカースタイルは、黒か白で決まり!

長らく続いているスニーカーブーム。各ブランドもこぞって新作を発売し、選ぶのも迷ってしまいますよね。そこでInRed 1月号では、まず手に入れておきたいベーシックな2タイプと、大人のスタイルにもマッチするコーディネイト術をご紹介。いつものスタイルに取り入れて、ワンランク上のこなれ感を狙ってみて♪
P034-035_巻頭スニーカー.indd
足元をシャープに見せる細身でクラシックな黒いランシューズ
はき心地もどんどん進化するランニングシューズ。軽いランニング用から本格的なアスリート用までさまざまなタイプがある中で、今季クローゼットに加えたいのは、ハイテクタイプではなくクラシカルで細身のランシューズ。主にラン用に作られているのでデイリーにはくのは難易度が高いと考えがちですが、じつは定番のブラックをタイツと共に取り入れることで、すんなりと装いになじみます。その上、足元をスマートな印象にアップデート。今がまさに狙い目のランシューズが、マンネリ化した冬コーデの幅を広げる立役者となりそうです。

カジュアル派に根強い人気(イラスト上)
カジュアル派からきれい目派までジャンルを問わず、女性に人気の高いナイキスポーツウエアのコルテッツシリーズ。

◆ここが使える!
・ 黒ベースの配色がコーデを引き締める!
・細身のデザインで合わせやすい!
・ 着こなしをカジュアルにハズせる!

マニッシュ靴としてはけるオーセンティックな白いテニスシューズ
シンプル&ベーシックなデザインで女性の人気も高いテニスシューズ。特徴はゴム底で底には滑り止め付きでレースアップシューズであること。紳士のスポーツであったテニスでは白を基調とした清潔感ある服装を求められたため、テニスシューズも白いボディが多く、現在も白色を指すことが多いよう。1973年には伝説のヒットモデルとなったアディダスのスタンスミスが登場。その後も競技用としてのテニスシューズが徐々に進化しストリートでも愛用されるように。ソールまで白いので抜けを出しやすく、リッチなレザーはまさに大人仕様。スニーカーブームの昨今、まず初めに手に入れるべきモデルです。

クリーンな抜け感を出せる(イラスト下)
テニスシューズブームの代名詞。アディダス オリジナルスの名品スタンスミス。

◆ここが使える!
・レザーだからきちんと感があり!
・レースアップシューズ感覚ではける!
・どんなコーデも足元に抜けを作る!

P034-036_144dpi
辛口な黒スニーカーはスカートの女っぽさをさじ加減できる名脇役
シャープなルックスの黒のクラシックランシューズは、膝丈やマキシ丈が多い今季のスカートにも合わせやすい! 甘すぎない絶妙なMIXスタイルが完成します。

■フレアスカートを引き締める
フレンチガーリーな甘さをスポーティな足元で引き算
ボーダーニット×フレアスカートの定番カジュアルを子ども化しない要はテイストMIX。フレンチスタイルにスポーティなニュアンスを加味することで決めすぎを回避。その上、シックな佇まいの黒スニーカーなら、大人ならではの落ち着きを醸してくれる。タイツとなじませれば脚長効果にも期待できてうれしい限り。

■スリットスカートをさわやかに
レトロなスリットスカートにこそカジュアルな新風を起こして
白のスカートにグレージュのニットをINした上品な着こなし。全体の淡いトーン&スリット入りスカートのデザインゆえに、パンプスを合わせると老けがち。そこで黒のスニーカーで遊びを添えれば、コーデがグッと新鮮にチェンジ。スウェード素材を選んでしっとりとしたスタイルとリンクさせるのが大人の鉄則。

■ロングプリーツスカートに抜けを出す
優しげなプリーツがビターに変わるメッシュスニーカーの威力
今季はフェミニンな印象のニット&スカ-トにこそ黒のスニーカーを合わせ、クールかつ鮮度高めの着こなしにトライしたい。プリーツスカートのボリュームに負けない本格派の重めスニーカーがベストチョイス。ちらりと見えるピンクのロゴに、こっそり女心を忍ばせて。

クリーンな印象の白スニーカーならパンツを大人シックに仕上げてくれる
レースアップのマニッシュ靴のような感覚ではける白のテニスシューズ。ガウチョやデニム、子どもっぽくなりがちな今季のパンツコーデを大人なバランスに整えて。

■白ガウチョをオールホワイトでまとめて
シンプルかつクリーンな白でホワイトコーデの総仕上げ
濃色のシューズで引き締めがちなところを、あえて白のスニーカーを合わせれば、ホワイトコーデに統一感が出てスタイリッシュなムードが加速。白色の効果でマニッシュな中にも清潔感たっぷりの装いに。細身のハイカット&内側はボア素材で機能性もお墨付き。

■ストレートデニムに足首見せで抜けをプラス
きちんとデニムのこなれ役は王道スタンスミスにおまかせ
チェスターコートで、きちんと感を。素肌に纏ったニットと足首見せで色気を。小粋にアップデートしたデニムルックの足元には、あえての白スニーカー。この頑張りすぎない絶妙なバランス感覚が、大人の余裕を醸す秘訣。

黒ワイドパンツに軽さを加える
ほっこりコーデュロイは厚底タイプでモードに引き寄せて正解
白シャツと白スニーカーで挟んで、重さのあるワイドパンツを軽やかに攻略。今季的なコーデュロイ素材のボトムスは、時に野暮ったく見えることも。存在感のある厚底スニーカーでモードに寄せればグッとあか抜け、上級者らしい雰囲気が漂う。

撮影= YAS FUKUTA(人物)
スタイリング= 永岡美夏
ヘア&メイク= CHIHIRO〈TRON〉
モデル= 浅見れいな
文= 野田比都美

詳しい情報は、本誌28ページからの「お洒落な大人の「選び方」と「合わせ方」スニーカーを極める!!」にてご確認ください。

InRed 1月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読