吉田羊 「週末婚くらいがちょうどいいのかも(笑)。」

InRed-1月号表紙_144dpi

本日12月7日(月)発売のInRed 1月号の表紙を飾るのは、吉田羊さんです。
本誌のフォトシューティングでは、早くも春の訪れを感じるような、爽やかなトーンのアイテムを中心に大人の抜け感漂う着こなしを披露しています。

2015年は大きな飛躍を遂げ、大忙しの毎日を送る吉田羊さん。インタビューページでは、まだまだ謎のベールに包まれている吉田羊さんの、ファッションへのこだわり、気になる結婚観などについてお話を伺いました。

P020-021_144dpi

おしゃれの方針は「着たいものを着る」。感覚に正直に年齢は意識しないと潔い。
「洋服を選ぶ時には、とにかく自分の体の声を聞きます。体が喜んでいるものだったら年がいは考えない。そこを意識すると選択肢が狭くなっておしゃれが楽しめなくなりそう。大人のかっこよさは『私はこれが着たいのよ』って言える強さだと思うので、これからも人からどう見られてるかはあまり重視せずに、自分の着たいものを着続けていこうと思っています」

さらに、もう一歩踏み込んでプライベートについても直撃。「結婚願望は?」との質問に、「あります!」と明言。
「結婚できないわけじゃないよって示すためにも一回はしたいですね。たとえ離婚するとしても(笑)。ご縁ですからわからないけど、3年後くらいまでには叶えたいかな」
理想は女優・吉田羊を好きでいてくれる余裕のある人。
「役に集中するために一人の時間が必要なので、極端な例えで言うと『作品に入ったのなら僕は1週間ホテルに泊まるね』って言ってくれるような方がいいです。あまりベタベタするのは好きじゃないので、週末婚くらいがちょうどいいのかも(笑)。と言いながら、意外と全然違う人を選ぶこともありますから、どんな人と出会うのか楽しみです」

そんな吉田さんが映像の世界に入ったのは実は30代になってから。20代の頃は小劇場を中心に活動しており、現在の女性マネージャーにスカウトされたことが転機に。
「マネージャーも独立したばかりで、ゼロから二人で土台を作ってきたという思いはあります。長い目で見た時に同性のファンが多いほうが息の長い感じがしていたので、スタート時点で女性に声をかけてもらえたのは意義深いですね。全く未知の世界だったので、彼女を信頼してついていこうという気持ちでここまできました」
そのかいあって今ではひっぱりだこ状態だが、自身は冷静に受け止めている。「一過性のブームですから怖いですね。2015年は未年だったのでニーズがあったけれど申年になったら変わるはず。ただ、私にできるのはいただいた仕事を一生懸命やることだけ。そうすれば、ブームが去ってもしっかりやっているから大丈夫と自分にゴーサインを出せると思う」

そのほかにも、2016年公開予定の映画『嫌な女』についてのお話など、たっぷりお聞きしました。詳しくは本誌でご確認ください。

1月号の誌面特集は、「お洒落な大人の「選び方」と「合わせ方」スニーカーを極める!!」「大人が持つべき「財布」に異変あり!」「美容のプロ100人が選ぶベストコスメ大賞2015 」など、さまざまな情報をお届けいたします。

inred1_1
1月号のブランドアイテム特別付録は、「ムーミン×ナノ・ユニバース リトルミイのお揃い2つセット」「ローラ アシュレイ花柄カレンダー2016」「季家幽竹の風水インテリア」の豪華3点セットです。
なかでもイチオシの「ムーミン×ナノ・ユニバース リトルミイのお揃い2つセット」は、リトルミイがキュートで、トートとポーチのセットがとっても使える♪どうぞお見逃しなく!

[インタビューページ]
撮影=中村和孝〈まきうらオフィス〉
スタイリング=斉藤くみ〈SIGNO〉
ヘアメイク=森 ユキオ
Text = 安田晴美

InRed 1月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読