最旬スタイルで見る!着まわし美人な10着と10日間♪

新しいアイテムを買ったのはいいけれど、結局いつも同じ着まわしになってなんだか気分もマンネリがち…なんてお悩み女子に、sweet12月号はこの冬買いたい究極の10着と着まわし術をご紹介します。これであなたもコーデの達人♪

SWEET12-P048-049-1

冬のおしゃれを賢く楽しみたい皆さまにピッタリの企画をお届け! 7人のスウィートガールが、トレンドのスタイルをそれぞれ究極の10着で10日間着まわします。お好みのコーデに合わせて、着まわし術を学んでくださいね。

#01 鈴木えみの「モノトーン」な着まわし10日間
白、黒、グレーの3色で潔く作るモノトーンスタイル。それぞれの色の分量や小物使いなどで変化を楽しむのがコツ。エッジーになり過ぎないように注意して。

SWEET12-P048-049-2

「モノトーン」
派えみの究極の10

色数が少ないので、素材や濃淡で表情を変えることを意識して。女っぽいシルエットのアイテムも投入し、マニッシュ一辺倒にならないように。

◆1 チェスターコート
旬のボンディング風素材で、ロング丈でも軽やかに着こなせるのがGOOD。オーバーなシルエットが今季らしい。
◆2 MA-1
今季MA-1を買うなら、合わせやすいブラックを。胸元のポイントがワザあり。
◆3 コンパクトニット
どんなボトムとも相性◎のグレーニットは、1枚欲しい。柔らかい雰囲気をプラスできます。
◆4 タートルネックニット
黒のニットは、タイトなリブ素材でフェミニンに。お腹がチラ見えするショート丈なので、黒でも重さを回避できます。
◆5 スリット入りドレス
直線的でモードなデザインなので、白のウールだけど甘くなり過ぎない。レイヤードを楽しめる、Vネックや両サイドのスリットがポイント。
◆6 ロングプリーツスカート
上品な印象の細やかな真っ白プリーツに一目惚れ。短めトップスと合わせてスタンダードに着ても、今っぽく長めアイテムと合わせてもOK。
◆7 シンプル白シャツ
ワードローブに1着は必要な白シャツ。定番だからこそ、美シルエットや上質な素材のモノを。
◆8 ブラックスキニーパンツ
スタイリングを引き締める黒スキニー。王道ブランドの、ラインがキレイなパンツをチョイスしたい。
◆9 レザータイトスカート
シックなモノトーンコーデに女っぽいエッセンスをプラスできるタイトスカート。レザー素材がスパイスにも。
◆10 ガウチョパンツ
もはや定番アイテムとなったガウチョ。グレーを選べば、ライトに着こなせること間違いナシ。

day.1 【 1 + 5 + 7 】
クリーンな雰囲気で打ち合わせへGO

初対面の人に会うときは、白の面積を多めにして清潔感のある印象をキープ。チェスターコートと白シャツでかっちり感も出しました。足元は黒でしっかり締めて、今日の打ち合わせコーデはバッチリ!

Photographer:Takashi Yoshida[MAKIURAOFFICE](model), Maya Kajita[e7](still)
Stylist:Yuko Toshima
hair&make-up:ANNA.[SHIMA]
model:Emi Suzuki

詳しい情報は、本誌46ページからの「幸運を呼び込む「究極の10着」で着まわし美人♥」にてご確認ください。

sweet12月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読