料理上手の「ごはんに合う」持ち寄り料理

外気がますます寒く感じる季節になりましたね。こんなときこそ家の中でホームパーティを開催しませんか?大人のおしゃれ手帖12月号では、料理家・坂田阿希子さん、料理や器など暮らしに関するリトルマガジン『日々』を創刊した高橋良枝さん、料理家・飛田和緒さん(五十音順)の公私共に交流のある3人が、飛田さんのお宅で持ち寄り料理でごはん会。treasuresでは、3人の持ち寄った料理の一部をレシピと一緒にご紹介します。

P054-055_料理上手が集まれば_t1.indd
高橋良枝さんの彩り野菜の揚げびたし
色とりどりの野菜が入った揚げびたしは、大きな器にどーんと盛りつけて豪華に。

■材料〔 約4人分 〕
野菜(なす、れんこん、かぼちゃ、玉ねぎ、パプリカ、生椎茸、いんげん、甘唐辛子)… 適量
[漬け汁]
かつお節のだし汁 … カップ5(1リットル)/塩 … 小さじ1/醤油 … 大さじ2/酒 … 大さじ2/みりん … 小さじ1(塩や醤油の角を弱めるために)

■作り方

  1. まず、かつお節のだし汁を取る。
    水に昆布(10cm 程度)と干し椎茸1個を入れて戻し、火にかけてふつふつしてきたら昆布と椎茸は取り出し、削り節を入れる。
    弱火で10 秒ほどしてアクが浮いてきたら火を止め、かつお節が沈んだらこす。
    鍋にだしと調味料を入れて弱火にかけ、沸騰直前で火を止める。
    ※だし汁を取る際、かつお節は香りが命なので、沸騰させないこと。
  2. 野菜の切り方はお好みで、揚げ油で揚げて、漬け汁に漬けます。

【ポイント】
冷めてもおいしい揚げびたしは、持ち寄り会にぴったりのメニュー。野菜の種類は好みで変えてもOKですが、かぼちゃや玉ねぎを入れると漬け汁に甘みが出ておいしくなります。
P056_02
飛田和緒さんの朝獲れ金目鯛のぽん酢がけ
海辺だからこそ楽しめる新鮮な魚は、シンプルなお刺身にするのが一番のおもてなし。

■材料〔 約4人分 〕
金目鯛(たい、すずきなど他の白身魚でも)… 適量
[薬味]
長ねぎ … 適量/みょうが … 適量/小ねぎ … 適量/しょうが … 適量/しその葉 … 適量/長ねぎのスプラウト … 適量/ぽん酢、または醤油 … 適量

■作り方

  1. 長ねぎは斜め薄切りにしてほぐす。
    しその葉は縦半分に切ってから千切り。
    みょうがは縦半分に切って薄切り、小ねぎは小口切り、しょうがはせん切りにする。
    切った薬味は、冷水につけて辛みをぬき、パリッとさせる。
  2. 金目鯛はそぎ切りにして器に並べる。
    1の水気をよく切り、長ねぎのスプラウトと合わせて、金目鯛にのせ、ぽん酢か醤油でいただく。

【ポイント】
その日にあがった新鮮な魚を、シンプルなお刺身にしていただきます。皿に丸くきれいに並べ、薬味をたっぷりのせれば見た目も華やかに。薬味は長ねぎや小ねぎだけでも構いません。

photograph:Nao shimizu, Yusuke Shirai
styling:Yuriko Kubo
text:Hanae kudo

詳しい情報は、50ページからの「料理上手が集まれば」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖12月号の情報はこちら!

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読