中谷美紀、感銘を受けたものや人の魅力を伝える媒介でありたい

otona_oshare_12_HY01_150DPI

明日11月7日(土)、大人のおしゃれ手帖12月号の発売です。表紙は中谷美紀さん。
表紙と本誌のフォトシューティングでは、秋冬のコーデを大人上品に着こなしてくださっています。
インタビューページでは、和文化との向き合い方やデビュー25周年に40歳の誕生日を迎えた心境の変化などたっぷりとお話を伺いました。その一部をご紹介します。

12月P16-17nakatanimiki

 先頃デビュー25周年を迎え、心機一転。今後は女優のお仕事に加え、「手仕事でコツコツと物づくりをしている方々とその作品を紹介するお手伝いをさせていただきたい」という構想も。
「たとえば、石川県で和紙を漉いている石川まゆみさんという女性がいらっしゃるのですが、和紙は素材が腐りやすいので、冬のほうが作業に適しているそうなんです。ですから、真冬に冷たい水の中に手を浸して漉いていらっしゃるんですね。そうした思いに触れると、少しも無駄にできない。書き損じしないように、下書きをしてから清書をするようになりました。やはりおひとりで手作業で作られるからには、年間それほど多くは作れず、必ずしも売れるとは限らない。そうした中で物づくりに励んでいらっしゃる方々のお役に立てれば、と思っています」

女優業とは方向性の違う仕事に、踏み出す勇気も素晴らしくて。
「垣根はあまりないんです。そもそも演じるというのは、伝える職業だと思うんですね。
どなたかが書かれた脚本の真意を伝えるのと、ものや人の魅力を伝えるのとは、私の中で変わりはないんです。私自身は媒介だと思っているので、いいものがあったらそれを伝えたいだけなんです」
仕事の始まりは、誰かのために自分の持てる力を捧げること。中谷さんの言葉を聞いていると、そんな原点が思い出されました。

ほかにも、中谷さんが出演する映画のお話もしてくださっています。詳しくは、本誌にてご確認ください。

12月号の誌面特集は、「大人の日常を素敵にする 黒と白のさじ加減」「普段の暮らしを少し特別になる家事道具」「おしゃれで心地いいシューズ&バッグ」など、さまざまな情報をお届けいたします。

furoku01

12月号のブランドアイテム特別付録は、「オールド イングランド ダブルファスナーポーチ」です。上品な赤とシックなチェックと、使い分けのできる二層のポーチが優秀な大人可愛いポーチです。
本誌13ページにて詳しく紹介しています。どうぞお見逃しなく!

[中谷さんインタビューページ]
photograph: Kunihiro Takuma
styling: Miho Okabe
hair&make-up: Nozomi Kawamura
text: Mika Miyoshi

大人のおしゃれ手帖12月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読