自炊派、外食派どちらも満足。料理家・栗原友さんオススメ鰻メニュー

体によいとされる旬食材をテーマに、MUSE世代の料理家・栗原友さんが自炊派&外食派に提案する好評連載「『なるほど!』と言わせる旬の一皿」。treasuresでも、その一部をご紹介いたします。(photo:HIROYUKI TOMIMORI food styling:MOTOHO JOH text&edit:AKI MAEDA)

今月の旬素材は、スタミナ食として昔から親しまれてきた鰻。脂質やたんぱく質など、エネルギー源を含むだけでなく、代謝を助けるビタミンB群なども豊富。そのため、摂取したエネルギーが体内で効率よく使えるのが特徴です。

 60b9c826dd16f8b19995382c8a677ff4.jpg

栗原さんが外食派の方にオススメするのが、銀座『ヤマガタ サンダンデロ』の「鰻のフリットと米沢うこぎ つや姫を使ったリゾット」(コース料理に含まれます。要予約)。
「揚げた鰻は噛むと、ジュワ~っと鰻のエキスというか、脂が口いっぱいに広がり濃厚。そこに山形特産の伝統野菜・うこぎの爽やかな香りとほどよい苦味が好相性。リゾットもうこぎ茶で炊いているそうで、タンニンの渋みがお米の甘さを際立てています」と栗原さん。

本誌124ページでは、自炊派の方のために「京風厚焼き卵のせ 鰻丼」のレシピを紹介中。京都で食したものをヒントに、栗原家の定番になったメニューだそうです。自炊も外食もしなくなる夏のメニュー、どうぞお見逃しなく!

otona MUSE8月号はこちら!

ヤマガタ サンダンデロ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読