オール私服でお届け!MUSE世代の憧れモデル、スタイリストの日常着

素敵なあの人の「私服」が知りたい!
…というわけで、otona MUSE8月号では「ミューズに学ぶ、大人の日常着」を大特集!
オール私服&私物でお届けする、読み応えたっぷりの内容となっています。
(photo:ARATA SUZUKI[go relax E more],HIDETAKE NISHIHARA,MAYA KAJITA[go e7] edit:REIKO HASEGAWA)

本誌でも大活躍のモデル・SHIHOさんに大人の日常着について伺いました。
「一番のキーワードは気負わないリラックス感。それは着ていて心地いいこと、素材感、そして自分自身が気持ちよくいられるスタイル。私にとって大切な“透明感”と“清潔感”を常に忘れずに、ほどよい抜け感をどこかに加えてバランスをとるようにしています。肌の露出も、鎖骨や肩、脚だったり、自分の体のパーツの好きな部分を少しだけ見せるのが夏ならではのポイント」と語ってくださいました。

そんなSHIHOさんの夏に欠かせないワードローブ、バカンスに連れて行くお気に入りリストはこちら。

otona-MUSE1408SHIHO-1.jpg

「青い海やまぶしい太陽に似合うワードローブ、それはキャッチーに映える色やプリント、開放された心に寄り添う、着ていて気持ちいいもの。そして、バカンス気分を盛り上げてくれる小物たち。アクセサリーも普段使いと少しテンションが変わり、ターコイズやポジティブなカラーのバングル、涼しげな色石などをつけたくなります。纏う香りも、そしてネイルやメイクもバカンスモードにシフト。旅先でも毎朝のヨガやストレッチは欠かさずに。ポジティブに夏を楽しませてくれる、そんなアイテムを大切にしています」。

SHIHOさんの他にも、モデルの岩堀せりさん、スタイリストの佐々木敬子さん、白幡啓さん、宮澤敬子さんの私服をキャッチ。詳しくは本誌28ページからの「ミューズに学ぶ、大人の日常着」をチェックしてみてくださいね。

otona MUSE8月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読