「好き」なのには理由がある!GLOW世代の女優が定番をレコメンド

 GLOW1408T1.jpg

好きだから「定番」になる。
シンプルなことだけど、40代の「好き」には確固たる理由があるのです。
それは、決して頑なというわけではなく、自分をよく知っているということ。
GLOW8月号では、そんな大人女子たちの「40代女子のザ・マイ定番!」について大特集。
treasuresでは、その一部をピックアップしてお届けします。
(撮影:青木和也 取材・文:今井恵)

女優・大塚寧々さんは、基本はシンプルが好みだけど、全身のどこかに色や柄でひねりを加えるのが定番なのだとか。「コーディネイトで気をつけているのは、トゥマッチにならないこと。たとえば、夏は風が通るくらいの、ややゆるめのシルエットが好きだけど、ボトムかトップスのどちらかは必ずタイトに。デニムなら、足元をヒールで引き締めるとか、ちょっとしたことを意識します。着心地のいい、上質な素材を選ぶことも大切です」と語ってくださいました。

そんな大塚さんの定番アイテムはこちら。

353c529b727cd689818149a636e760aa.jpg
写真中央のMARIA CORNEJOのパンツは、ゆるめのテーパードだけどシルエットがキレイでお気に入りなのだそう。写真左のカットソーは、心地よい素材感と風を通す7分袖や首まわりが気に入って思わず2色買いしたのだとか。

「昔はもっとシンプルで大人びた着こなしを好んでいましたが、今は遊びを加えるのが楽しい。若い頃は、まだ似合わないと思っていたゴールドやハイブランドのバッグも、今の年齢なら大丈夫になったかなと思います」。

本誌では、大塚さんをはじめとするGLOW世代の女優やモデルの私物やおしゃれ哲学をたっぷりお届け。詳細は、本誌32ページ「夏に着たい、私の定番アイテム」をご覧ください。

GLOW8月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読