ストレスで腰痛になるって本当?医学博士・辻さんに訊いてみました

ddb3b796413a7cb7d2d79c92fcb8306a.jpg

友達に「腰が痛くて」と話したら「ストレスで腰痛になるらしいよ」と言われました。そういえば、職場が変わってストレスがたまっているかも。でも、ストレスと腰痛にどんな関係があるの?北里大学北里研究所病院 脊椎センター副センター長 医学博士・辻 崇さんにお話を伺いました。(取材・文/黒川ともこ イラスト/里美敦子)

「結論から言うと、ストレスが直接の原因で腰痛になることはまずありません。ただし、もともとあった腰痛がストレスによって慢性化したり、痛みを強く感じることはあります」と辻さん。なんと、身体に起きる痛みは通常その6~7割は身体的なもので、残りの3~4割は心理的なものだといわれてるとか。そもそも「痛み」は脳で感じるものなので、心の状態は痛みに対して大きな影響を及ぼすそうです。

「腰痛は誰でも一生に何回は経験するものです。少しくらい痛くても当たり前だと考えて、プラス思考で物事を考えていくと痛みが軽減するといわれています。ただし、3~4週間もひどい痛みが続く場合は、乳がんからの転移や、椎間板にばい菌が入っておきる感染症といった重篤な病気が隠れていることがあります。子宮や卵巣の病気が隠れていることもあります。念のため受診するとよいでしょう」とのこと。

腰は文字通り、身体の要。ぎっくり腰などを経験した方はお分かりだとは思いますが、身体のあらゆる部分に通じる部位です。同じ姿勢で長時間の作業をしない、腹筋と背筋をバランスよく整えて筋肉で腰を支えられるようにする…など日頃から意識したり、体幹を鍛えることである程度の腰痛予防ができます。

詳しくはGLOW8月号P141「プチ不調診察室」をチェックしてみてくださいね。

GLOW8月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読