グッドガールが選ぶべき手みやげ5選!

実家への帰省時や彼のご両親へのご挨拶、仕事での急な手土産対応。そんな時どんな品を用意しますか?センスの良いもので喜んでもらいたい、でもなかなか選ぶものも難しい。SPRiNG12月号では、そんなグッドガール世代の小さな悩みを解決するヒントをご紹介!tresuresでは一部をピックアップします。

SPRiNG12_P116-1

HIGASHIYAの棗なつめバター(画像右)
棗椰子(なつめやし)を、丁寧にその硬さや形状で選別し、芳醇な香りとコクの深さを誇る発酵無塩バターと胡桃とをあわせた斬新なスイーツ。その組み合わせの意外性と圧倒的なおいしさは、高感度な人にも喜ばれること請け合い!

紫野和久傳(むらさきのわくでん)のれんこん菓子 西湖(画像左)
蓮の根から採れるでんぷんと和三盆で作られるこの和菓子の魅力は、なんと言ってもつるんとした爽やかな食感。ひとつひとつ手作業で丁寧に包まれた笹の葉をほどくと和菓子が出てくるという、ワクワク感も楽しい。

SPRiNG12_P116-2

近江屋洋菓子店のフルーツポンチ
(画像右)
毎日作りたてを販売しているというフルーツポンチ。メロン、キウイ、グレープフルーツなど約10種類の旬な果物に、各種リキュールによるほのかな甘みのあるシロップを注いだ一品。レトロで可愛い包装も女心をくすぐる。

四谷わかばのたいやき(画像左)
東京が誇る「たいやき御三家」のひとつ、わかばのたいやきは、まとめて焼くのではなく一尾ずつ焼き上げている。文字通り頭から尾まで北海道十勝産のあんこがぎっしり。少し焦げのある薄めの皮もパリパリとして美味。

SPRiNG12_P117-1

マミーズ・アン・スリールのアップルパイ
母親ひとりで車の移動販売を始めたのがマミーズ・アン・スリールの原点。このアップルパイのやさしい味わいは、手みやげで相手の笑顔を引き出すのにぴったり。甘さ控えめ、リンゴは大きめ。ふんわりとシナモンが香る。

photographs_MAYA KAJITA[studio e7] 
select_NOZOMI SODA(P116-P118),SHIHO KODAMA(P119),AYA ISOBE(P120.P121)
text_SHIHO KODAMA 
illustration_AYART MART 
props_UTSUWA

詳しい情報は、本誌115ページからの「センスのいい 手みやげ と プチギフト」にてご確認ください。

SPRiNG 12月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読