毎日着たい、上質でおしゃれなカシミア

大人だからこそ似合うもの、それが上質なカシミア。しっとりと肌に吸いつくような着心地のカシミアを、もっと普段着に取り入れてみてはいかがですか?大人のおしゃれ手帖11月号では、大人が買うべきカシミアのブランドリストと、とっておきのアイテムをご紹介しています。

kashimiya-1

【No.1】「オーラリー」のローゲージニット
2015年春夏にデビューした「オーラリー」は、素材のよさにこだわるドメスティックブランド。ざっくりとしたニットは、編み目の表情を活かしたシンプルなデザインが素敵。大人のデイリーウェアにふさわしい一枚だ。

<モデル着用>タートルニットセーター¥47,000、パンツ¥20,000/ともにAURALEE(ビショップ)
kashimiya-2

 【No.2】「スタジオニコルソン」の秋色ニット
イギリス発の「スタジオニコルソン」は、メンズライクな要素を取り入れつつも、女性らしいシルエットで人気のブランド。深いボルドーのニットは、カーディガンと合わせて手に入れることでコーディネートの幅が広がる。

<画像右モデル着用>ニット¥67,000、カーディガン¥69,000、パンツ¥49,000/すべてスタジオ ニコルソン(キーロ)、靴¥18,000/コンジェペイエ アデュー トリステス

【No.3】「クリステンセン」のタートルニット
元テキスタイルデザイナーが手がけるブランドだけあって、肌触りのよさに定評がある「クリステンセン」。すっきりとしたタートルニットには、淡いグレーのシャツを合わせて、ニュアンスのある色使いを楽しんで。

<画像左モデル着用>タートルニット¥73,000、中に着たシャツ¥39,000、スカート¥69,000/すべてクリステンセン ドゥ ノルド(ストックマン)、靴下¥2,800/ヤエカ アパートメント ストア

photograph:Satoru Kikuchi(dynamic)
styling:Minako Kogure
hair&make-up:Jiro for kilico
model:Mia Tazawa
text:Hanae Kudo

詳しい情報は、本誌40ページからの「カシミアに包まれる毎日」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖11月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読