おしゃれが決まらないのは髪のせい!? 美髪のためのブラッシング法

「精一杯おしゃれしているつもりなのに、なんだか決まらない…」と思ったら、髪に注目してみてください。白髪やうねり、パサパサなど、髪がトラブルを起こしてしまっていませんか?otona MUSE11月号では、美髪のためのヘアケア法をご紹介。treasuresでは、簡単なのに効果絶大なブラッシング方法をピックアップします。

TP198r

今日からシャンプー前の習慣に
いいことずくめのブラッシング方法

1. 頭皮をリズミカルに叩く
ブラシの柄を軽く持ったら手首の力を抜いて、ブラシを弾ませるようにリズミカルに頭部を叩きます。この動作をサイドや襟足までまんべんなく全体に行い、頭皮をほぐします。

2. 小刻みに動かして振動を与える
ブラシを頭皮に垂直に当て、少し圧力を加えながら細かく揺り動かして、振動を与えます。後頭部、側頭部、頭頂部の順に。このときブラシが頭皮から離れないように注意。

3. 柄の先端でツボを刺激
ブラシの柄を持ち、先端を頭皮に密着させたら、ゆっくりプッシュしてツボを刺激。自分の気持ちいい場所を気持ちいい強さで押すのがポイント。特に凝りやすい頭頂部は念入りに。

4. 逆さにとかしてリフトアップ
フェイスまわりにブラシを当て、頭皮と顔の皮膚を一気に引き上げるように、生え際から後頭部に向けて、下から上にブラッシング。こうすると顔色が明るく、輪郭まですっきりします。

<check!
寝る前の毎日の習慣に!
ベッドに入って寝る直前、指先で根元に空気をはらませるように髪を揺すります。髪のもつれもほどけ、頭皮もすっきり。ほんの30 秒ほどですが、予想以上に高い効果が得られます。

地肌に負担をかけないブラシ選びを!
頭皮をほぐすのが主な目的なので、ブラシ選びはクッション性重視。ブラシの先端が丸く、目が細かすぎないこと、ストロークが少なくて済むように面が大きいこともポイントです。

Photo:MAYA KAJITA[e7]
Text:YUKAKO SUGIURA
Illust:NOZOMI YUASA
監修:美香

詳しい情報は、本誌196ページからの「ミューズのための美髪メソッド」にてご確認ください。

otona MUSE 11月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読