プレーンなハイネックニットをミリタリーに着こなすのが旬!

シンプルなデザインのプレーンニットは、何枚持っていても便利。トレンドアイテムにも合わせやすく、一枚で着てもサマになります。SPRiNG11月号では、とことん使えるプレーンニットを特集。その中からtreasuresは今季マストなハイネックニットに注目し、ミリタリーアイテムでハズす着こなし術をご紹介します!
highneck-1

MILITARY MANNER_ No.01
ミリボトムをあわせる
ワザいらずのワンツーコーデでミリタリー要素をプラスするなら、ボトムスで取り入れるのが手っ取り早い!

旬のラップスカートでミリタリーを遊ぶ(画像右モデル着用)
ブラウンをベースにしたミックスニットは、カーキ色のスカートともしっくりなじむ。全体をシックなトーンで統一して、スカートのキルティングのディテールを見せつけて。足元は、サボで今っぽさをトッピング。

クリーンな着こなしを小物づかいで小粋に味つけ(画像左モデル着用)
表情を明るく見せるホワイトニットに、柄スカーフとハットをプラスしてアクセントづけ。ハイネックニット×ミリボトムのクリーンな着こなしをクラシカルにシフトさせた、こなれ感のある大人のミリタリースタイル。
highneck-2MILITARY MANNER_ No.02
ミリタリーアウターにレイヤード
本格派からデザイン性の高いものまで、ミリアウターが充実の今季。ハイネックをのぞかせて、あくまで女性らしさを忘れずに!

[KNIT_A](画像右上モデル着用)
甘すぎないよう、トップスはワントーンで統一
アウターとハイネックの色を統一して、トップスに一体感を。テロンとした落ち感のあるプリーツスカートをあわせて、ミリタリーをフェミニンに昇華しつつも、トップスをカーキでまとめて甘さを調整しているのがポイント。

[KNIT_B](画像左上モデル着用)
ネックラインに沿うハイネックで上品ミリタリーの完成
前後で袖の切り替えデザインが異なる個性派ニット。首のラインが自然になじむハイネックとV字ラインのアウターとの合わせで、すっきりフェイスに。ショート丈アウターなので、重量感のあるワイドパンツとも好バランス。

[KNIT_C](画像右下モデル着用)
意外性のあるミリタリー×レトロの競演を楽しむ
サムホール付きの遊び心が光るハイネック。メルトン切り替えのデザイン性にすぐれたMA-1のインに差しこみ、ホワイトニットを袖から見せることで軽快に。ガーリーなニットスカートとのテイストミックスを楽しんで。

[KNIT_D](画像左下モデル着用)
モッズコートは細みニットですっきりまとめて
メンズライクなオーバーサイズのモッズコートのインには、薄手の細みハイゲージをあわせて野暮ったさを回避。背中にジップが付いたボディラインにフィットするニットは、コートを脱いだときにハッとさせること確実。

photographs_TAKASHI EHARA(model),MAYA KAJITA[STUDIO e7](still)
styling_NOZOMI SODA
hair&make-up_TOMOKO TAKANO 
model_ALEXANDRA TITARENKO, ALA
text_YASUE ITO

詳しい情報は、本誌16ページからの「長く愛せる、とことん使える運命のニット」にてご確認ください。

SPRiNG 11月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読