暖色系のフェミニンカラーで秋コーデを先取り!

この秋は、バーガンディやレンガ色などのフェミニンカラーを使ったアイテムがおすすめ。特に、落ち葉や秋の実りを感じさせるようなこっくりとしたトーンの、肌なじみのいい色が人気です。大人のおしゃれ手帖10月号では、フェミニンカラーを使った秋コーデを大特集。treasuresは、フェミニンカラーのアイテムをトップスに持ってきたコーディネートに注目しました。

P040-041_3特_秋色_144dpi

[スタイリストが教えるコーディネートのコツ]
いろいろなフェミニンカラーのなかでも特におすすめなのが、落ち葉や秋の実りを思わせるようなこっくりとしたトーン。「落ち着きがあるので華やかなのに派手になりすぎず、大人の肌にもなじむので取り入れやすいはず」とスタイリストの石井あすかさん。上品に着こなすコツは?「暖色は1色だけにして、ほかはグレー、黒、ベージュ、白、ブラウンなどのベーシックなカラーでまとめるのがおすすめです。何か色を合わせるのなら、ネイビーの延長線でブルーが今っぽい。全身をこっくりした色やダークカラーでまとめないで、どこか肌を見せたり、軽やかな白やベージュをプラスして抜け感をつくるのもポイントです」

印象的なバーガンディはベーシックカラーのボトムと
バーガンディは、シックなチャコールグレーと好相性。Aライントップスに裾リブパンツを合わせて、上品にスポーツ感覚を。袖から覗く手首と足の甲で肌を見せて、抜け感を。

オレンジはカーキと相性よし!
ふわふわのカシミアニットは軽くて暖かくて絶品。明るいオレンジを大人っぽく品よく着こなせます。同じ系統のカーキとは文句なしの相性。反対色のタイツで遊んで上級者風に。

明るいイエローは挿し色に使うと効果的
ネイビーやブルーに、あえて反対色のイエローを投入。トラッドな着こなしがモダンに見違えます。チェックや靴で白を効かせて、軽やかさを演出。

photograph:Naofumi Mioki
styling:Kuniko Fukuoka[kili office]
hair&make-up:Yoko Yoshikawa
model:Yue
text:Harumi Yasuda

詳しい情報は、本誌40ページからの「フェミニンカラーで秋を先取り!」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖10月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読