浅見れいなが着こなすベーシックな白シャツ

即こなれ感が出せるアイテムとして最注目されているシャツ。素材や色によって、さまざまなバリエーションのコーディネイトが作れる万能アイテムです。InRed10月号では、今すぐおしゃれの鮮度を上げるシャツの着こなしをデザイン別にご紹介。treasuresでは、大人女子に欠かせない白シャツを、カジュアルに着こなす方法をピックアップします!

P086-087_shirt-01

究極にベーシックな白シャツ
カジュアルな存在として着る
“コンサバ感があるから……”と白シャツに苦手意識のある大人女子に朗報! 今季は質感もシルエットも進化し、さらにちょっとした着くずしテクでぐっとカジュアルに着こなせるんです!

01.透け感のあるゆる華奢シャツ
落ち感がもたらす陰影効果で華奢に見せるシャツは、きちんと感をキープしながら着くずすのが正解。

[着くずしテク1]
胸元はひとつだけボタンを開ける
肌が透ける分、胸元はひかえめのひとつ開けでルーズな印象を回避。
[着くずしテク2]
袖は3回まくり 裾はインする
3回まくりで袖口のもたつきをオフ。裾はインし、品格ある着こなしに。

P086-087_shirt-02

02.纏うだけで着映えるコットンシャツ
たっぷりの生地感で着こなすコットンシャツは、思い切った肌見せで大人の余裕を見せつけるが勝ち!

[着くずしテク1]
ボタンはふたつ開け襟は抜いて着る
ボタンをふたつ開けることで、襟を抜きやすく。さりげなく首筋を出して。
[着くずしテク2]
袖はひとまくり&たくし上げ 裾はアウトする
ひとまくり&たくし上げたシャツで女前なこなれ感を。裾はアウトしてラフに。

撮影=YAS FUKUTA(model), 梶田麻矢〈e7〉(still) 
スタイリング=岩﨑麻早 
ヘア&メイク=佐藤エイコ〈ilumini〉 
モデル=浅見れいな 
構成&文=小嶋多恵子

詳しい情報は、本誌86ページからの「シャツの着こなしバイブル」にてご確認ください。

InRed10月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読