吉高由里子、舞台への苦手意識は「朝ドラ共演者のおかげで変わった」

Steady10_HY01_150DPI

steady.10月号、本日9月7日(月)発売です。表紙を飾るのは、約1年ぶりの登場となる吉高由里子さん!

表紙と本誌のフォトシューティングでは、今手に入れるべきトレンドアウターを、表情豊かに着こなしてくださっています。インタビューページでは、この秋初挑戦する舞台についてお話してくださいました。その一部をご紹介します。

steady-yoshitaka

ステディ.には約1年ぶりの登場となる女優・吉高由里子さん。本人いわく「役者人生の中で過去最長の充電期間(笑)」を経て、10月に「大逆走」で舞台に初挑戦する。まずは吉高さんの持つ、舞台のイメージとは?

「舞台はやり直しがきかない上に、人に見られながらお芝居をしなくちゃいけないのが苦手で。漠然と『私が戦っていける場所じゃなさそうだなぁ』と思っていました。学生時代の部活もそうだったんですが、バスケを見るのが好きで、いざバスケ部に入ったら3カ月しか続かなくて(笑)。見るのとやるのは違うと悟ったものです。その苦手意識が変わったのは、朝ドラの共演者の皆さんのおかげ。ほとんどが舞台ご経験者で、みんなが本当に楽しんでやっている姿を目の当たりにしたのが大きかったです。引き受けたからにはオーディエンスではなく、プレイヤーとしてまっとうしたい。1年くらい芝居から離れていたこともあって、『私にできるかな? 』とまだまだ不安ですけどね」

そのほか、女優という仕事に対する意識への変化や、充電期間に出会った人たちの話もたっぷりお聞きしています。詳しくは、本誌にてご確認ください。

10月号の誌面特集は、「身長別おしゃれテク」「1年中着られる服」「中村アンがお届け! 憧れブランドの新作バッグ」など、さまざまな情報をお届けいたします。

furoku01

10月号のブランドアイテム特別付録は、大人リラックマ×バナー バレット ダブルポーチです。モノトーンの大人っぽいリラックマは、本誌だけのオリジナル!ダブルファスナーで中がしっかり分かれているので、ポーチの中身がすっきり整理できちゃいますよ。本誌15ページにて、詳しく紹介しています。どうぞお見逃しなく! 

[インタビューページ]
撮影/柴田文子(エトレンヌ)
スタイリング=宮澤敬子(D-CORD)
ヘアメイク=RYO 
取材・文:長嶺葉月

steady.10月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読