原田知世、「心が華やぐ鮮やかな色の服に惹かれています」

otona_oshare_10_HY01_150DPI

本日9月7日(月)、大人のおしゃれ手帖10月号発売です。表紙は原田知世さん。

表紙と本誌のフォトシューティングでは、ニットやボリューミーなスカートをモードに着こなしてくださっています。インタビューページでは、原田さんの最近のおしゃれについて伺いました。その一部をご紹介します。
P016-017_harada

このところ、本誌への登場の折も映画などの役柄でも、フワッとナチュラルなやさしい服をまとっている印象が強かった原田知世さん。でも、今回のようなモード感のある服もやっぱり素敵です。
「いいですよね〜。むらさき色のワンピースにグレーのニットとか、辛子色のニットにピンクのネックレスとか、色合わせも好きです。こうした撮影で、自分ではなかなか選ばないものをスタイリストさんが持ってきてくれるのはうれしくて」

普段はあまり着ないタイプの服でも、ひと度、袖を通せば〝いつもの服〞のように着こなしてしまうのは、知世さんが柔軟な姿勢で心を弾ませて着ているからと見受けられます。
知世さん自身の最近のおしゃれは、どんな気分ですか?
「長く着られて心地よいものというのは変わらないんですが、最近はドーサの鮮やかなピンクのカーディガンを買ったり、心が華やぐ色に惹かれています。ピンクは昔から好きな色でしたけど、着るとしたら淡いピンク。あまり鮮やかな色は、目立つような気がして選ばなかったんですね。でもこの頃、やっぱり自分が着たいなら着よう!って(笑)。鮮やかな色も、ゴールドやシルバーの遊び心のある服も、自分のために楽しもうと思うようになりました」

さらに、心の温度を上げてくれた映画や本についても丁寧にお話してくださっています。詳しくは、本誌にてご確認ください。

 10月号の誌面特集は、「秋の大人おしゃれは上質×リラックス×都会的!」「吉田 羊さんが出合う 美食と文化を巡るシンガポール旅」「感じのいい大人を作る新作ベースメイク研究」など、さまざまな情報をお届けいたします。furoku01

10月号のブランドアイテム特別付録は、ツモリチサトの 猫プレート付き上質ポーチです。落ち着いた色味のオレンジのポーチに、ゴールドの猫とブランドロゴが映えています。厚手の生地なので、デジカメケースにもぴったり。
本誌12ページにて詳しく紹介しています。どうぞお見逃しなく!

[原田さんインタビューページ]
photograph: Kenji Miura
styling: Kinue Horikoshi
hair&make-up: Moe Kogure
text: Mika Miyoshi

大人のおしゃれ手帖10月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読