篠原涼子、主演映画で「トレードマークのコートをずっと着ていました」

h1

本日8月28日(金)発売のGLOW 10月号、表紙は篠原涼子さんです。

表紙と本誌のフォトシューティングでは、ロングコートをはじめとしたロングシルエットコーデを披露。また、インタビューでは、9月5日に公開される主演映画「アンフェア」のことを話してくださいました。その一部をご紹介します。

GLOW-Ryoko

間違いなく、日本中で最もロングコートが似合う女性。そう言うと、「本当ですか?」とはにかみながら、篠原涼子さんは笑った。コートの裾を華麗に翻す姿に、私たちがつい重ねてしまうのは、もちろん「アンフェア」シリーズのヒロイン・雪平夏見。無敵かつ不屈の、あの女刑事である。

「自分では無意識なんですが、10年の間にやり慣れて、自然と癖がついたのかもしれませんね。今回は特に、最後だからということで、撮影の始まりから終わりまで、ずっとコートを着ていました。『えっ、こんな時まで?』と監督に確認したこともあったくらいで(笑)」

そう、これが“最後”なのである。タイトルもずばり『アンフェア the end』(9月5日公開)。2006年の連続ドラマから始まった孤高のヒロインの長い長い闘いの歴史に、この秋、ついに終止符が打たれるのだ。

「10年にもわたる長いシリーズになったのは、共演者やスタッフをはじめ、支えてくれた多くの人、そしてシリーズを応援してくださったファンの皆さんのおかげだと思っています。自分ががんばったというより、すべての人たちの力が結集したところにたまたま自分がいて、演じさせていただけたという感覚なんです」

この後、さらに映画「アンフェア」についてたっぷりとお話を聞かせてくださいました。詳しくは本誌をご覧ください。

10月号の誌面特集は、「大人の定番はロングになる!」「「カーキ」vs「キャメル」」「コスパで通なおしゃれNEWS」など、さまざまな情報をお届けいたします。

furoku01

10月号のブランドアイテム特別付録は、ドレステリアの大小ペアポーチです。マリンテイストのおしゃれなポーチが、なんと二つセットで付録になりました。ドレステリアのDを刻印した合金モチーフがついていたり、後面がメタリックシルバーに切り替えられていたりと豪華なデザイン!
本誌44ページでは、ドレステリアの秋冬の新作を紹介しています。どうぞお見逃しなく!

[インタビューページ]
撮影=中村和孝〈makiura office〉
スタイリング=安藤眞理 ヘア&メイク=岡野瑞恵

GLOW10月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読