秋の新色コスメでトレンドフェイスを作ろう!

衣替えの前に夏仕様から秋仕様にシフトチェンジしたいのがメイク。今年も各ブランドから秋の新色コスメが続々登場しています。sweet9月号では、目元、チーク、リップのトレンドカラーをご紹介。トレンドカラーを活かしたメイク術も必見です!

sweet02

ROUND 1 EYE

今年の秋の目元は、ヌケ感を出しながらポイントで色のニュアンスを取り入れたい。シャドウ、マスカラ、ライナーのうち最低でもどれかひとつははずして、色の遊びを際立たせるのが正解!

〔レディなニュアンス〕
バーガンディシャドウ
今年の新作アイテムの中でも、とにかく豊富なのが、ランウェイでもよく見かけた赤みのある大人のバーガンディシャドウ。秋のファッションにもお似合いです!

key item
 A.秋らしい深みのあるシックなコンビネーション。
パレット ビューティーメタル ¥7,800(イヴ・サンローラン・ボーテ) ※限定品

PROCESS
1.Aの右下をチップに取って、二重幅をしっかりと色づかせる。発色を高めるためにも、チップで塗るのがポイント。 
2.シャドウと肌の境界線を、薬指で軽くぼかしてナチュラルに仕上げる。あまり範囲は広げずに、二重幅の発色はキープ!  
3.印象の強い上まぶたとのバランスを取るために、下まぶたにゴールドをON。細いチップにAの左上を取って目頭~目尻まで細く引いて。

〔クールな眼差し〕
カーキライナー
今季はカラーライナーもトレンドのひとつ。なかでも、都会的な雰囲気をもたらしてくれるスタイリッシュなカーキに話題が集中!黒よりも穏やか、ブラウンよりも印象的に♪

key item
A.使い方次第でシャドウにもラインにも。高い発色のまま長時間目元にフィット。
ベルベットシャドースティック 8257 ¥3,200(NARSJAPAN)

PROCESS
1.目頭は1/3くらいあけて、目尻に向かってだんだん太くなるようにAのライナーを引く。目尻からぐっと上に向かって3㎜程度外に出す。 
2.綿棒で目尻のハネを調整する。目尻の真横にはラインが入らないように、綿棒も斜め上に向かってすべらせて。 
3.曲線でハネ上げるのではなく、直線×太めのラインになるように、ラインの起点も綿棒で調整。シャープ感を際立たせるのが◎。

Photo:Daisuke Tsuchiyama[TRON](Model), Maya Kajita[e7](still)Styling:Rio Ninomiya
Hair&Make-up:Keiko Obana[PINKSSION]
Edit:Aya Fujiwara

詳しい情報は、本誌134ページからの「色と質感で作るトレンドフェイス 秋の新色3本勝負」にてご確認ください。

sweet9月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読