大人世代がマスターしたい“ふわ軽肌”の作り方

大人のおしゃれ手帖9月号には、ヘアメイクアップアーティストCHIHARUさんが初登場。秋メイクにぜひ取り入れたいカーキやブラウンなど、どんな色も映える“ふわ軽肌”の作り方を伝授してくれました。

おしゃれ手帖1509_読み物3

パウダーをベール使いして、どんな色も映える肌に
「こっくりしたショコラカラーやカーキなど、気になる色がたくさん登場しています。でもどんな色を楽しむにしても、大人世代はまず肌の準備が大切です」とCHIHARUさん。キーワードは〝ふわ軽肌〞。
「作り込んでいても肌が軽く、見た目もふわっと軽い肌」

ツヤが損なわれ、シワやシミで顔に影が出やすい年齢肌を上手にカバーしつつ、重い肌にならないのがCHIHARU流。
「ベース→チーク→パウダー→パウダリーファンデーションという4プロセスが必要。メイクの〝仕込み〞をきちんとすれば、どんな色でも使いこなせます」

パウダリーファンデーションの前に仕込む、パウダーが特別。
「1枚ベールをかけておくんです。するとファンデーションが少量で済むうえに、肌がふわっと軽く見えます。さらに今流行の横長チークも仕込んでありますから、血色のいい頬がふんわり浮き立ち、若々しい印象にも見えるんです」
この秋、必須のテクニック。ぜひマスターして!

photograph: Emiko Tennichi[model], Yumi Furuya(SORANE)[still]hair&make-up: CHIHARU  styling: Nami Kagiyama  model: Kotama  text: Megumi Imai

詳しい情報は、本誌122ページからの「先取り! 秋の色とふわ肌で大人のベストバランス」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖9月号の情報はこちら!

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読