グルメ通が唸る、絶品ひんやりスウィーツ

SPRiNG9月号では食べることを心から愛する、pure foodie・平野紗季子さん、スタイリスト・曽田望美さん、フォトグラファー・田村昌裕さん、中学生・あーちんさんの4名が選んだひんやりスウィーツを公開。独自の目線での楽しみ方も必見です。

3dd56e0db3ae74694324933145a6d090.jpg

◆ ちもとの「氷おまかせ」
老舗和菓子店が梅雨明けからお彼岸までの2か月間のみ作るかき氷は、遠方から足をのばすファン多数。そして、あーちんさんを喜ばせるかき氷には、さらなるサプライズが。「氷を食べていくと器の中に和菓子がごろごろ入っていてびっくり! 宝探しみたい!」(画像右上)
住所:東京都目黒区八雲1-4-6
電話番号:03-3718-4643
営業時間:10:00~18:00(木曜定休)

◆浅草梅園の「くずきり」
創業161年、粟ぜんざいで有名な老舗甘味処だが、「味や見た目などの総合力が高い」と田村さんが推してくれたのがくずきり。最高級の吉野くず粉を使ったくずきりは、肉厚ならではのプルンとした食感と豊かな風味が涼を運ぶ。透明感ある見た目もじつに爽やか。(画像左下)
住所:東京都台東区浅草1-31-12
電話番号:03-3841-7580
営業時間:10:00~20:00(L.O.19:45) (水定休、不定休)

◆麻布昇月堂の「一枚流し麻布あんみつ羊かん」
創業大正末期。北海道産小豆に水飴をきかせた名物の菊最中をはじめ、素材と手作りにこだわった和菓子を作り続ける老舗。一枚流し麻布あんみつ羊かんは、「求肥や寒天が星のようにキラキラと浮かぶ美しさは、誰しも息を呑むはず」と平野さんも大絶賛。(画像左上)
住所:東京都港区西麻布4-22-12
電話番号:03-3407-0040
営業時間:10:00~19:00、[土]10:00~18:00(日・祝定休)

◆珈琲の店 デンの「プリン」
曽田さんが「メニュー写真を見た瞬間、『これは絶対おいしい!』と興奮を抑えられなかった」と話すのがこちら。プリンにソフトクリームがのっただけの一品ながら、その魅力は「素朴で懐かしい味」。昭和が香る喫茶店のレトロスウィーツをお試しあれ!
住所:東京都台東区根岸3-3-18
電話番号:03-3875-3009
営業時間:9:00~19:00(不定休)

◆CAFÉ LES JEUX GRENIERの「キャラメルグラニータ」
南青山の路地裏の2階、アンティークのテーブルが並ぶ店はまさに隠れ家。砂糖と生クリームを焦がし、1日かけて凍らせたこちらの一品は、口の中で溶け合うカラメルのほろ苦さと甘さが絶妙。「一度食べたら忘れられない味」と曽田さんも太鼓判を押す
住所:東京都港区南青山5-9-5 村山ビル2F
電話番号:03-3499-6297
営業時間:11:00~23:00、[日・祝]12:00~22:00(無休)

photographs_JUNICHI HIRAISHI,NAOKO SUZUKI,KAZUMI MORISAKI[PPI],KEISUKE NAKAMURA
text_TAKETOSHI ONISHI,SHINJI YOSHIDA
illustration_KAORI FUNAKOSHIYA
map_GEO

詳しい情報は、本誌103ページからの「グルメなグッドガール(&おじさん)が選ぶ MYベストなひんやりスウィーツ」にてご確認ください。

SPRiNG9月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読