まるで天然のクーラー! 涼しい「鍾乳洞」でリフレッシュ

リンネル9月号では、夏をたっぷりと楽しむための暮らしのヒント集を特集。今回は、自然の中にある涼しい場所や、涼を感じられる催しをご紹介します。

757de4517a6b2d0d8d8880376bdd7622.jpg

暑い屋外と冷房が効いた屋内の往復に疲れたら、自然の涼を取り入れてリフレッシュを。今回、シンガーソングライターの南壽あさ子さんが訪れたのは東京都唯一の鍾乳洞『日原鍾乳洞』。四季を問わず洞内は常に気温が約10℃で、夏は涼しく、冬は暖かい、都の指定天然記念物です。
「高低差がある鍾乳洞だったので、思っていた以上にアクティブでちょっとした探検のようでした。真夏に、日帰りで行くのにいいかも! 青々とした山の緑もきれいで、非日常を楽しめました。今、日本中をツアーで回っているけれど、時間が取れたらこんな空気がおいしくて、涼しい所へゆっくり遊びに行きたいですね」

3a7b264870c208dcd8f41d9cf369d926.jpg

都会から近くても、涼を楽しめる場所はまだまだあります。見た目にひんやりとした涼やかさを満喫できるスポットも併せてご紹介。その一部をお届けします。

◆大谷資料館
邸宅の壁などに使われる「大谷石」の地下採石場跡は、広さ2万㎡、深さ30mという広大な空間。年間の平均気温が8℃の空間は、荘厳な雰囲気の人気スポットです。
住所:栃木県宇都宮市大谷町909
電話番号:028-652-1232
営業時間:9:00~17:00 (最終入館は16:30まで)無休
※ 年末年始休、臨時閉館の場合もあるので電話で確認を。教会エリアは不定期公開。
料金:大人700円、小・中学生350円、未就学児無料

◆江の島岩屋
波の浸食でできた岩屋は、古くから信仰の地として有名です。由緒ある地をロウソク片手に歩いてみましょう。「片瀬江ノ島」駅から徒歩約30~40分、車でも駐車場から徒歩約20分あるので、ぜひ歩きやすい格好で。
住所:神奈川県藤沢市江の島2
電話番号:片瀬江の島観光案内所 0466-24-4141
営業時間:7月21日から8月までは9:00~18:00、8月の土日は~19:00 無休
※ 台風接近時、警報発令時は閉洞。混雑時はロウソクの貸出を中止することも
料金:高校生以上500円、小・中学生200円、未就学児無料

◆えのすい×チームラボ「ナイトワンダーアクアリウム2015」
新江ノ島水族館の大水槽が、アート集団「チームラボ」とコラボレート。水槽の中の魚たちや岩などに、プロジェクションマッピングが施され、魚の動きに反応して、花が美しく散り、ゆっくりと景色が変化し続けます。
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話番号:0466-29-9960
開催期間:2015年7月18日(土)~12月25日(金)17:00~20:00
※ 17時から開催する夜間スペシャルイベント(注:期間中休催日あり)
料金:大人2,100円、高校生1,500円、小中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円

photograph:Miho Kakuta
model:Asaco Nasu
text:Kaoru Tateishi

詳しい情報は、本誌91ページからの「夏を涼しく過ごすためのLIFE STYLE BOOK」にてご確認ください。

リンネル9月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読