大人の夏服は8着でOK! 厳選基準はこれだ!

40代女子の多彩な夏のシーンを想定して、コーディネイトのシミュレーションを重ねた結果、なんと8アイテムあれば夏を乗り切れることが判明! GLOW8月号では、スタッフが実際に着比べて、色やデザイン、素材感などを徹底的にチェックした本当に使える8着を厳選しました。今回はどのようにアイテムを決めたかご紹介します。

feab359cbcef6058eb61f026dca14ac9.jpg

POINT.1 ON・OFF対応と羽織れるシャツがあればよし!
トップス選びの基準はオフィシャルにもカジュアルにも使えて、着こなしのアレンジが利くこと。白シャツはきちんと感が強いけど、薄色デニムシャツなら合わせるボトム、テイストを選ばず、着まわし力も絶大。逆にTシャツは清潔感が味方になる白がベスト。ロゴ入りだと1枚でもサマになり、インナーとして使う時もポイントに。マンネリになりがちな夏コーデをリフレッシュしてくれる柄トップスは、大人らしく、キリッと見える濃色系ストライプを選択。

POINT.2 ガウチョ・デニム・タイトのトレンド3着でよし!
実はボトムがコーデ全体の鮮度を上げる重要ファクター。トレンドのガウチョパンツはクリーンな白を。ヒール靴にも合わせやすい丈感で、きちんとシーンにも対応。女度の高いタイトスカートは注目色カーキを取り入れる絶好のチャンス。ミモレ丈で大人っぽさもアップ。今季マストなデニムは、どんなトップスとも相性のいい濃色で着こなしの幅を広げて。

POINT.3 羽織っても使えるシャツタイプがあればよし!
プレーンなシャツワンピは1枚できちんと見えるだけでなく、ジャケットを重ねることもでき、羽織りものとしても応用可能。共布ベルト付きを選べば、シーンに合わせて手持ちのベルトに替えることもできる、意外な実力派。

POINT.4 とろみ素材のノースリーブがあればよし!
リラックスした足もとにすれば大人カジュアル、キレイめな小物を合わせればドレッシーにもふれるとろみオールインワン。 ジャケット肩掛けや羽織った時にも、もたつかないノースリーブがベスト。くるぶし見せできる丈で今年らしく。

撮影=菊池 史<impress+>(モデル)、青木和也(商品)
スタイリング=岩崎聡美
ヘア&メイク=笹本恭平〈ilumini〉
モデル=石川亜沙美
文=樋口夕歌

詳しい情報は、本誌20ページからの「大人の夏服は、8着でよし!」にてご確認ください。

GLOW8月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読