心の「プチ不調」、感じていませんか?今の状態をシートでチェック!

仕事もプライベートも変化が起こりやすい30代は、心のプチ不調を感じやすくなります。
まずは以下のチェックシートで今の心の状態を調べてみましょう。

c21d26fd755f4d4067c69bc9e93c078d.jpg

※ 監修:カウンセラー 真織由季先生
(ストレスケア教室「BTU後楽園」の教室長。元タカラジェンヌ)

チェックの数が多いほど、ストレスフルな状態。ストレスで疲れた脳は、スイッチを切って休ませるのが一番。InRed女子が抱えるプチ不調、そしてそれを取り除くセルフケア法を、カウンセラーの真織由季先生に教えていただきました。

【case.1】33歳 専業主婦 E・Iさん
夫の転勤で生まれ育った東京から名古屋へと引っ越し。住み慣れない環境の中での子育てで疲れ気味。周りに話せる友達はいないので、仕事から帰ってきた夫にあたり散らしてしまい、そんなことをする自分に落ち込んでしまう日々…。
《answer.1》
心を平穏にするために身体に働きかけると効果的。安心感と保護感を求める本能的な欲求のひとつであるスキンシップは、信頼関係を作るのに欠かせないオキシトシンが分泌されるので不調の改善につながりやすいです。あわせて、息を吐くことを意識すると効果的です。

【case.2】33歳 販売員 Y・Kさん
店長という立場上、責任や不安などいろんな感情で疲れ気味。売り上げやスタッフ教育などがプレッシャーです。店長になれて嬉しいと思っていましたが、この立場から逃げ出したくなるときも。出勤時に「風邪を引いたので休ませてください」と連絡しようかな、と玄関を開けることを躊躇することも…。
《answer.2》
休みたくなった時は頑張りすぎのサイン。そんな時は、いつもの駅より1駅前で降りて、大股歩きで帰ってみてください。歩くために必要な抗重力筋が刺激されて、幸福ホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されやすくなります。いいホルモンを出す行動を心がけてください。

プチ不調の内容も、その解消法もそれぞれ。InRed7月号202ページからは、心のプチ不調について徹底調査。原因となるホルモン、プロが教えるケア法なども紹介していますよ。雨でも心は晴れやかに!ぜひ参考にしてみてくださいね。

InRed7月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読