モデル・KIKIが体験! 青森の手仕事に触れられるお店3選

個性的なアートスポットに伝統的な手仕事、豊かな食に自然と、幅広い魅力が詰まった青森。リンネル8月号では、自然を求めてプライベートで青森を訪れることも多いというモデルのKIKIさんと、初夏の青森へ出かけた様子を紹介しています。今回は「手仕事」についてお届けします。

27fd7fc9df5d0f8946da63404deb4250.jpg

漆器や陶器、布などの工芸品が暮らしに根付いてきた青森。麻布に木綿糸で刺しゅうした「こぎん刺し」もそのひとつです。昔から伝わる模様は、自然をモチーフにしているそう。KIKIさんは、初心者向けのシンプルな文様にチャレンジ。「こぎん刺しのポーチは持っているけど、自分で刺すのは初めて!」
◆弘前こぎん研究所
途絶えかけていたこぎん刺しを復活させ、600種もの模様を収集して普及活動を続ける研究所。体験教室は団体のみ(要予約)。個人の場合は、近くの体験教室を紹介してくれます。
住所:青森県弘前市在府町61
電話番号:0172-32-0595
営業時間:9:00~16:30
定休日:土曜、日曜、祝日

70367283bffeb3e79760cdd4ba19f989.jpg

◆カネイリミュージアムショップ
東北のクリエイターの作品が集まるお店。古布を裂いて織った「南部裂織」やとうもろこしの皮を編んで作った「きみがらスリッパ」、津軽塗の箸などの工芸品が手に入ります。
住所:青森県八戸市三日町11-1 八戸ポータルミュージアム「はっち」1階
電話番号:0178-20-9661
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎月第2火曜、12月31日、1月1日

6c91e592b59278b5ab15804f046288d7.jpg

◆kotabi
青森の工芸品の中から、日常で使えるあたたかみのある製品をセレクト。モダンな木工品や、カラフルな津軽びいどろなど、いずれも職人の手仕事が感じられるものばかりです。
住所:青森県青森市新町1-5-6
電話番号:017-723-0723
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定期

photograph:Atsuko Chiba
styling:Setsuko Todoroki
hair&make-up:Taeko Kusaba
illustration:Eri Takenaga
text:Hanae Kudo

詳しい情報は、本誌94ページからの「アート・手仕事・食をめぐる KIKIさんと行く初夏の青森」にてご確認ください。

リンネル8月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読