肌見せでもスッキリ見える! 夏のアイテム選び&着こなし術

大人のおしゃれ手帖7月号では、「大人が着心地のいい服」を大特集! 今回は、スタイリスト・鈴木えりこさんに伺った、大人がめざしたい夏の着こなしの理想、スタイリングをご紹介します。

3af29c36562d3014d4536f93276b711b.jpg

「肌を出すと着心地も見た目も涼しくなりますが、気になる部分はカバーしつつ、すっきり見えるバランスのものを厳選するのが鉄則です。フレンチスリーブは涼しさを保ちながら二の腕の印象を和らげ、おしゃれ感を演出してくれます。首元は詰まりすぎず、あきすぎず、鎖骨ギリギリのボートネックで品よく抜け感のある着こなしに。透ける素材を重ねたり、ノースリーブ+半袖など今年らしいレイヤードを取り入れるのもおすすめです」
 リラックス感とおしゃれな雰囲気。このふたつを兼ね備えたスタイルは、大人がめざしたい夏の着こなしの理想です。ゆるくなりすぎたり、野暮ったくならないためのコツは?
「どこかにピリッと感を入れること」とスタリイストの鈴木えりこさん。「きれいな色をアクセントに効かせたり、ベルトや靴で引き締めたり、全身がモヤモヤしないように足し算・引き算をするのがポイントです。そして、1点だけでもいいので上質な素材のものを、選ぶようにすると、洗練された印象になります」。

b46514133467eb754fef7ce03a40b117.jpg

続いては、スタイリングを提案していただきます。

トラッドなワンピースは、エスニックなバッグをアクセントにして楽しく。涼やかなブルー系でそろえて、主張のある色をモダンに。(画像右上)

二の腕をカバーをするなら、はおるよりも重ね着を。高めのウエスト切り替えですらっと見せて。中に合わせるTシャツはコンパクトなものをセレクト。シックな色でまとめてエスニック風に。(画像右下)

コットンシルクのシースルートップスなので、上品に着こなせます。イージーパンツにエレガントさをプラス。鮮やかな水色のシューズを投入して明るく。(画像左)

photograph: Futoshi Osako
styling:Eriko Suzuki [iELU]
hair&make-up:Jiro for kilico
model:Anne
text:Harumi Yasuda

詳しい情報は、本誌52ページからの「鈴木えりこさんに教わる 大人が着心地のいい服 素材とシルエットでリラックス」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖7月号の情報はこちら!

大人のおしゃれ手帖ブログ『Anne’s blog そしてまたmemo日和』

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読