ビジネスにもOK! オロビアンコの最新バックパック3選

MonoMax1507H1.jpg

MonoMax7月号、本日6月10日(水)発売です!

ddf48cc4970707a34f480f0dfbc036ae.jpg

ブランドアイテム特別付録は、オロビアンコの本革キーリング付き財布。
表地にシボ感ある表情豊かな本革を採用した、こだわりの逸品です。使うほどに味が出てくる素材なので、どんどん愛着がわいてくるはず。キーリングと財布、2つの機能性を備えています。毎日使うアイテムを1つで持ち運ぶことができて便利です。

7月号の誌面特集では「超人気ブランドの最優秀モノ!!」「安くて優秀 プロダクツ大賞!」「自慢できる&得する腕時計」「オロビアンコ特集」「大人のメガネ最前線!」「男の夏のお悩み解決」など様々な情報をお届け。この中から、「オロビアンコ特集」の内容を一部ご紹介する。

7a0dada635cc928764f8738dfecdc3ae.jpg

オロビアンコは常に進化を遂げている。ここ数シーズンで一気にスタイルのバリエーションが増え、ファッションアイテムとして幅広いコーディネートが楽しめるようになった。ボディバッグやブリーフをはじめ、それぞれのスタイルやシーンに最適なバッグが存在している。その中でもいま注目すべきなのがビジネス対応のバックパック。日本のファッション業界の中でバックパック市場が拡大し続ける現在、オロビアンコが提案する一手をさまざまな角度から検証した。
 ここで紹介する3点に集約されているように、特筆すべきはそのルックス性。カジュアルになりすぎず、かといってビジネス要素が強いわけでもない。異素材ミックスさせた上品な素材使いやぼってりならないサイズ感なども含め、絶妙な大人顔に仕上げられている。ジャケパンスタイルでも洒落感をしっかりアピールできるのだ。今後、オロビアンコのバックパックがビジネススタイルを牽引する時代がやってくることを予感させる。

◆傑作カバン1:オロビアンコ×サックスバー IDOLO S-Z8 02
異素材コンビを別注し、ユニセックスな表情に仕上げたフラップタイプ。メイン素材には軽量なポリエステルを使用し、デニム生地のような見た目に仕上げている。パイピングやデニム素材を使用した際のみに付属する牛革パッチとのコンビネーションも絶妙。

◆傑作カバン2:オロビアンコ×サックスバー 3C NELFRANTTEMPO-Z8 02
ボトム部分の切り替えやジップ使いなど高いデザイン性を誇る。落ち着いた色合いで高級感とスタイリッシュさを表現しており、素材にはナイロンと合皮を使用しているため軽量性も併せ持つ。上部のポケットや中のペットボトルホルダーなど機能面も充実。

◆傑作カバン3:オロビアンコ×伊勢丹 スターダスト バックパック
マチ部分からフロント面に差し込むように施されたファスナーポケットに視線を集める。上部のファスナーポケットやDカンもアクセントになり、ナイロンボディにあしらわれた型押しレザーも奥行き感を生んでおり、独特の表情に仕上げられている。

取材・文/伊藤勝太 撮影/西村廣起 スタイリング/栃木雅広(TMC)

詳しい情報は、本誌44ページからの「オロビアンコの最新ビジネスカバン&時計」にてご確認ください。

MonoMax7月号の情報はこちら!

※付録写真の小物は付録に含まれません。

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読