オシャレのお手本は、代官山とパリの女性! 着こなしのコツとは?

大人の着こなしにマストなのは、どんなアイテムを選んでどんな風に組み合わせるか、そのセンス。InRed6月号では、自分らしさを知っている代官山とパリの女性をお手本に、厳選アイテムの着まわし術を大特集。今回は、それぞれのスタイル別キーワードをご紹介します。

466af6097eb50362715b1f87693b172b.jpg

■代官山カジュアル
・トレンドには敏感!さらりと取り入れちゃう
女性の憧れでもある代官山カジュアルは、ぶれない芯がありながらも、トレンドアイテムを積極的に着こなして。コーディネイトのどこかにキーになるようなトレンドアイテムを取り入れたい。

・“旬な服”が好きだからシルエットは変幻自在!
タイトシルエットでも、ゆったりとしたルーズなシルエットでも取り入れたいものは何でも着こなす。シルエットだけでなく丈感にも敏感でその時の最旬の気分が反映されたアイテム選びを。

・カジュアルすぎない程よいモード感も大事
カジュアルといえども、どこかに女性らしい品と、エッジィさを感じるのが代官山カジュアル。アイテム同士の組み合わせ、色合わせ、小物の投入など着こなし方でモード感を漂わせたい。

d0f42fb14cc70fdf815f376f6f544b43.jpg
■パリシックStyle
・“私らしさ”を作るのはベーシックな日常着
さらりとスマートな着こなしのためには、オーセンティックな色やデザインがマスト。サイズ感や丈感を自分に合うように調節して、“私らしさ”を作り上げているのです。

・靴とバッグは色使いで遊んで個性を発揮!
靴やバッグで個性を出せば自分にフィットするスタイルに。パリ流は、形はベーシックながらも色やディテールで遊びをプラス。ハッとする色使いがシックな服を引き立ててます。

・自分の体型に合ったシルエットしか着ない
無理に流行に合わせずに、体型に合ったものを身につければ、身長や気になるところなど、
逆にうまく生かしてくれる。トータルのシルエットで仕上げることを意識して。

代官山:撮影=井上由美子〈D-Cord〉(人物) スタイリング=岩﨑麻早 ヘア&メイク=佐藤エイコ〈ilumini〉 モデル=松島エミ
パリ:撮影=メノナオミ〈飯泉事務所〉 スタイリング=永岡美夏 ヘア&メイク=長澤 葵 モデル=Elena Trajanovska〈Image〉 テキスト=菅原絢子
撮影協力=Algae

詳しい情報は、本誌36ページからの「パリ vs. 代官山 10着で勝負!」にてご確認ください。

InRed6月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読