表情豊かな2way服が主役。大人のための初夏コーデ術

着まわせる、洗える、すっきり見える――。大人のおしゃれ手帖6月号では、年を重ね、さまざまなアイテムを試してきた大人だからこそ欲しい、知恵のある服をご紹介します。今回は、2wayアイテムをピックアップしてお届けします。

4f7027fc219dea6e0db31d05ae9dda92.jpg

◆タイ付きシャツ
リネンシャンブレー素材のシャツ。ボタンの留め位置次第でカシュクールにも。

・リボン付きシャツとして着る
付属のタイをリボン結びにして、無難なシャツの着こなしに遊び心をプラス。トップスの甘さは、マニッシュなボトムで引き締めて。(上画像右)
・カシュクールシャツとして着る
一番下のボタンをサイドの裾で留めると、カシュクールタイプに変化。インナーとのコンビネーションで、個性が発揮できます。(上画像左)

 

f334171863d3422cae967821287d8b69.jpg
◆変形チュニック
Aラインのデザインチュニックとしても、巻きスカート風としても使える優秀アイテム。

・デザインチュニックとして着る
おなかまわりを、さりげなくふんわりと包んでくれるシルエット。チュニックとして着る場合、前後どちらの面でもOKというのも◎。(上画像右)
・膝下スカートとして着る
チュニックの袖を内側に入れ込むと、なんとスカートに。ラップ風デザインがおなかのカバーにも効くというのもうれしいポイントです。(上画像左)

photograph: Naofumi Mioki
styling: Ritsuko Hirai
hair&make-up: AKI
model: Mia Tazawa, YUE
text: Momoko Miyake

詳しい情報は、本誌16ページからの「大人が欲しいのは“ひと工夫”ある服」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖6月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読