N.Y.、パリ、ロンドン、東京… 10人10色のTシャツスタイルWORLD SNAP

これからの季節の主役といっていいアイテム、白Tシャツ&柄Tシャツ。みんなはどう着る? SPRiNG6月号では、N.Y.、パリ、ロンドン、東京と、世界のおしゃれ業界人の着こなしをワールドスナップ! その一部をご紹介します。

e18cec5170fd851d4174081e066fbde7.jpg

■白Tシャツ
[Tokyo]
コーデの色みは抑えつつ、バッグやアクセサリーなどの小物で差し色をプラス。足元はトレンドのホワイトで洗練された雰囲気に。

□濱中鮎子さん(Ray BEAMSディレクター)
ハイネックTシャツにパンチングのビッグTシャツを重ねたクリーンな着こなしが印象的な濱中さん。「ボトムは涼しい印象のパンツスカートで、シンプルすぎないようにコーデしました。トレンドのコンフォートサンダルも忘れずに」(画像左から2番目)

□樋口祐子さん(ネイリスト)
普段から無地のTシャツを着ることが多いという樋口さん。「シャルル アナスタスの白Tシャツにネイビーのパンツ、赤のショルダーバッグでトリコロールカラーにまとめて、気分はパリジェンヌ。ハットをプラスして初夏を意識しました」(画像左)

 

3eb84782fad60d8a164142a827e5bb7d.jpg

■インパクトTシャツ
[London]
インパクトTをなんなく着こなすロンドンガール。抜け感重視のボトムをセレクトして、ラフにおしゃれを楽しんで。

□オリット・ファイグさん
休日にロンドンの街を探索するときの定番スタイルは、大好きなArcade FireのバンドTシャツで、テンション高く。「ボーイッシュになりすぎないようきちんとしたスカートをあわせて、足元はブラウンのシューズで軽さを出しました」(画像右)

□ケイティ・グリーンさん
「ベーシックだけどパターンのおもしろい服が好き」というケイティさん。素材のよさとVネックのあき具合が気に入っているTシャツは、普段からよく着ているヘビロテの一枚。シンプルだけどモード感のある着こなしがなんとも素敵。(画像右から2番目)

□ソフィー・ライトさん
「全面にスイスの風景をプリントしたインパクト大のTシャツは、今ロンドンで旬のガウチョパンツとあわせて大人っぽく」。ネイビーに赤のピンストライプがトラッドな印象を与えるので、ヒールをはいてちょっとした夜のお出かけにも。(画像右から3番目)

photographs:EMMY PARK(N.Y.), MARI SHINMURA(PARIS),MIKA ISHADO(LONDON), SACHI KATAOKA(TOKYO)
text:MADOKA SUGAYA(N.Y.), MASAÉ TAKANAKA(PARIS),MIKA ISHADO(LONDON)

詳しい情報は、本誌50ページからの「10人10色のTシャツスタイル WORLD SNAP」にてご確認ください。

SPRiNG6月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読