貫地谷しほりも挑戦。母の日に贈りたい、ハンドメイドギフト

96fcf0a43458a52ba4a60f59b9420a9e.jpg

リンネル6月号の特別付録でコラボした「スタディオ クリップ」では、5月10日(日)の母の日のギフトにドライフラワーやフラッグなどでデコレーションした手作りの“リトルモスポット”を提案しています。本誌では、貫地谷しほりさんもハンドメイドに挑戦。お花が好きなイラストレーターsa-koさんと、アートが好きなフラワーデコレーターerikoさんによる、フラワー&アート制作ユニット“CuiCui(キュイキュイ)”に作り方をレクチャーしていただきました。かわいくて、お部屋を飾るオブジェとしても長く楽しめ、母の日はもちろん、大切な人へのプレゼントにぴったりです。

888f0a9a4f44bdf16e5c088ce5575e46.jpg

[材料]
ドライフラワー、木の実…適宜、動物のフィギュア…1個、リボン…6cm、竹串(リボンの旗用)…1本、メッセージピック用の紙…適宜、ワイヤー 細(文字用、どんぐりやフィギュア足用)…10本、ワイヤー 太(苔を固定するUピン用・約5cmに切り半分に折ってUピンにしたもの)…15本ほど、ドライの苔(8×8cmくらい)…1枚、吸水スポンジ(6×6×4cmくらい)…1個、素焼きの鉢(3号)…1個、マスキングテープ/黒板塗料/グルー(グルーガン用)…適宜

1.  マスキングテープに好きなアルファベットを書き、カッターで切り抜いたら植木鉢に貼り黒板塗料で全体を塗る。塗料が乾いたらアルファベットシールをはがす。

2. 好きな柄のリボンを二つ折りにして、端を三角に切り取る。二つ折りリボンの輪の部分にグルーを流して竹串をはさんで固定して、フラッグを作る。

3. 「THANKS」などのメッセージを、さまざまなフォント、大きさで紙にプリント。四角にカットしたらグルーガンを使って細いワイヤーにつける。どんぐりも同様にグルーでワイヤーに固定。
 
4. 好きな動物のフィギュアの足にワイヤーを巻きつけ、5cmくらい残して余分なワイヤーをカットする。

5. 植木鉢に吸水スポンジをセットし、カッターで小さい山の形に整える。その上から苔をかぶせ、Uピンをさしてしっかりと固定する。

6. 動物フィギュアを苔の山にさし、ドライフラワーやフラッグ、メッセージピックなどをどんどん加えて、デコレーションすれば完成。「新鮮でかわいい作品ですよね! ちまちました作業は結構好きなので、楽しめました」と貫地谷さん。

photograph:Fumiko Doi
styling:Miwako Taniuchi[Model]、Kaho Yamaguchi[prop]
hair & make-up:Miho Matsuda[Allure]
model:Shihori Kanjiya
text:Kazuyo Nojiri

詳しい情報は、本誌12ページからの「母の日は『手作り』を贈ろう Happy mother’s day」にてご確認ください。

リンネル6月号の情報はこちら!

『宝島社ストア』でも母の日セレクションをラインナップ。お見逃しなく!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読