おしゃれのキーワードは、「白は50%投入」!

今シーズンはとにかく「白」が大人気!どんな色とも相性のいい白は、着まわしやすさも使い勝手もNo.1。いつものコーデに白いアイテムをプラスするだけで、着こなしがグッと今年っぽく軽やかになります。白の分量を半分にまで増やせば、軽やかさだけでなく、おしゃれ度も急上昇! steady.5月号では、コーディネイトのコツや、白を引き立ててくれるあわせ色のセレクトポイントもご紹介しています。

e8be21419607e0040bb7c406a2374953.jpg

Technique 01:キレイ色をあわせる
春コーデといえばまず取り入れたいのは、白との相性も抜群なキレイ色。トーンも明度も似ているパステルカラーならトライしやすいはず。

White×Pink
ガーリーになりすぎないよう、大人っぽいアイテム選びがカギ! デコラティブすぎるアイ
テムやベタッと甘いピンク色は子どもっぽくなりがち。もともと甘さのあるピンクこそクールなデザインを選んで。

 333aec36b5d933fd12112d5f4f181336.jpg

White×Mint
甘さのないミントカラーは、パステルカラーが苦手な人にもおすすめ。深い森のようなモスグリーンは冬っぽい印象になってしまうのでNG。春のグリーンは、にごりのないミントカラーがベストです。(画像右上)

White×Lavender
ラベンダーはフェミニンなアイテムを大人っぽく見せてくれます。シンプルアイテムだと老けて見えることもあるので要注意。(画像左上)

White×Blue
パステル初心者さんも取り入れやすいのが寒色系の代表・アイスブルー。白とあわせれば、洗練されたニュアンスも生まれます。トーンが似ていてもデニムはやっぱりカジュアル度が強め。キレイめ春コーデを目指すならクールなアイスブルーが正解!(画像右下)

White×Yellow
ブラウス×フレアスカートの定番コーデも、フレッシュなレモンイエローなら軽やかで女性らしい印象に。パキッと鮮やかなネオンカラーは春コーデには不向き。大人可愛いコーデを目指すなら、淡いトーンのレモンイエローが断然おすすめ。(画像左下)

撮影/MIYUKI
スタイリング/河野素子
ヘア&メイク/森川誠(ピースモンキー)
モデル/菅原沙樹、舞川あいく
文/青柳恵美香)

詳しい情報は本誌68ページからの「“白”は50%投入でたちまちおしゃれになる!」にてご確認ください。

steady.5月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読