吉川ひなの、10アイテムで10日間着まわしの提案!

年齢相応の落ち着きを感じさせつつ、コンサバに見えないおしゃれ感もキープしたい。otona MUSE5月号では、吉川ひなのさんが定番とトレンド、わずか10アイテムをミックスして10日間着まわしています。

57e5c11c7a9108f903a6ca63ae36dc00.jpg

まずは、今季大人が買うべき着まわしアイテム10を厳選して紹介。
【トレンドアイテム】
1:BULSARAのカラートップス
2:CP CHADESのエアリードレス
3:IRONのガウチョパンツ
4:aquagirlのシャイニースカート
5:UNITED ARROWSのガウンコート
【ベーシックアイテム】
A:radiance de SYHSÉのダンガリーシャツ
B:rag & bone /JEAN の白T シャツ
C:CURRENT ELLIOTTのスキニーデニム
D:LE JUN のシンプルニット
E:tibi のミモレスカート

 0ed3a8bb52ab568f09aadbda9b486241.jpg

■フレンチマリンを意識した赤ニットの組み合わせで、デニムがぐっとおしゃれに
赤ニットを合わせるだけで、定番デニムが一気にフレンチテイストに。ブリジット・バルドーをイメージして、小物にはレペットのバレエシューズやボーダー柄のクラッチをミックス。1+Cのコーデ。(2)

■ゆるさのあるTシャツで、スカートのクラシック感を程よくカジュアルダウン
ホワイト×ネイビーの配色ながら、ゆるっとした白Tシャツの効果で上品でクラシックなミモレスカートがリラックス感のある雰囲気にチェンジ。カジュアルなスタイルに合わせて、アクセや足元はシルバーをセレクト。B+Eのコーデ。(3)

■キラキラ輝くシルバーが、初夏らしい爽やかさに洗練された雰囲気を加味
カジュアルに着こなしがちなダンガリーシャツを新鮮に見せるアイデアがこれ。シャイニーなシルバーとペンシルスカートの女らしいシルエットが、シャツのラフさを洗練。仕上げにクリーンな白小物を投入して。A+4のコーデ。(4)

■トレンドを演出できて、スタイルアップも叶うガウチョパンツの実力
パンツはワイドで短め丈が今季のトレンド。そんな旬のバランスを実現するガウチョパンツを主役にコーディネート。白ニットをウエストインしてキレイめな印象にまとめて、足元のヒール靴でさらなるスタイルアップを。D+3のコーデ。(5)

photo: MAYUMI KOSHIISHI[MILD], CHIFUYU AIZAWA[Q’s]
styling:MAYUMI ANDO[Super Continental]
hair&make-up:MIKAKO KIKUCHI[TRON]
model:HINANO YOSHIKAWA
edit:KAORI SUTO

詳しい情報は、本誌88ページからの「吉川ひなの 10ITEMS×10DAYS着まわし」にてご確認ください。

otona MUSE5月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読