「昔は~だった」の“used to”をマスターしよう!【ハワイ在住のマキさんが教えるGirl’s English】

ハワイ在住のカリスマコーディネーター、マキ・コニクソンさん。ハワイを拠点に、テレビや雑誌の撮影コーディネートを手がけ、世界中を飛び回る毎日を送っています。そんな彼女に、外国人とのコミュニケーションやSNSで使いたくなる、おしゃれで可愛い英語をレクチャーしてもらうこのコーナー。

今回は、「昔は~だった」と過去の習慣を表現するときに使うused toを教えてもらいました! ポピュラーな助動詞なので、ぜひ覚えて。

I used to live in Seattle.
私は昔はシアトルに住んでいました。

――――――――――――――――

ALOHA! ハワイのマキ・コニクソンです。

最近はあちこち飛び回っていてハワイを留守にしがちですが(笑)、私は毎日をエンジョイしています。
どんな状況も楽しめるかは自分次第。感謝の気持ちを忘れず、今日もお互いハッピーな一日を過ごしましょうね!

さて、今月のお題は、日常会話で非常によく使う助動詞used to~
助動詞はその名のとおり、動詞をサポートする言葉で、will, can, may, shouldなどと同じように、後ろに動詞の原形をつけて使います。
used to~は、「昔は~だった」と過去の習慣や状態を表し、「今は~ではない」という意味も含まれます。

単純な過去形の文章I lived in Seattle.(私はシアトルに住んでいました)では、今シアトルに住んでいるのかは判別できませんが、I used to live in Seattle.は「私は昔はシアトルに住んでいました(が今は住んでいません)」と現在の状況も分かります。

used to~は「かつて、昔は~だった」と漠然とした期間や時期を表すときに使うので、「2年間住んでいた」のように具体的な期間を表現するときにはused to~ではなく、I lived in Seattle for two years.と過去形を使います。間違えないように覚えましょう。

 

〈Advanced Version 1〉
I used to be quiet.

私は昔は静かだったんだよ。

――――――――――――――――――――――――――――――

used toは助動詞なので、後ろに形容詞や名詞を入れるときは必ずbeをつけましょう。
名詞の場合はI used to be a teacher. (私は昔は先生だった)のように冠詞も忘れずに !

 

〈Advanced Version 2〉
“I used to speak Spanish when I was little.”

私は小さいとき、 スペイン語を話していた。

――――――――――――――――――――――――――――――

used to~と接続詞when~(~のとき)はセットで使われることが多く、より長い文章を話せるようになりますよ。
時制を一致させ、when I wasと過去形にするのがポイント。

 

【Profile】
マキ・コニクソン(Maki Konikson)

ハワイを拠点に世界中を飛び回るコーディネーター&プロデューサー。
ポジティブマインドの秘訣をハワイの風景と共に綴った『MAKI ’s HAPPY DAYS 』(小社刊)が好評発売中!

『MAKI’s HAPPY DAYS』
著者:Maki Konikson

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読